ひとりごと

平野さん

なにきん

大好きだったなあ、なにきん。最後に彼らについて書かせてください。

昨日の記事でも書いたけど、私はキンプリがデビューすることで「なにきんが解散」っていう意識はあんまりなくて。それはなにきんはこれからも続くよ!とかそういう意味ではないんだけど、なんとなく解散って言葉に違和感がある。忘れがちだけど、ジャニーズJr.でいる以上彼らが活動しているのはグループじゃなくてユニットであるということ。デビュー組のグループと同じ感覚でいたらダメなんだと思う。だから解散っていう言葉がなんかしっくりこなくて。

だから解散ではないんだけど、デビューが決まったということは、やっぱりこの先なにきんなにきん言っていたらいけないってことだと思う。一つの区切りだ。

 

自分で自分の思ってることを考えれば考えるほど、良く分からなくなる。キンプリのデビューはずっと望んでいたし純粋に嬉しいしこれまでもデビューしてほしいって思ってたのはキンプリだった。

でも昔の映像とか画像をを見返すたびに走馬灯みたいにその頃の時期の思い出がブワーって出てきて、やっぱりこの時が良かったっていつも思わせられる。この空気感大好きだったなあ、また見たいなあって必ず思う。何回見ても何回でも思う。不思議だよね。何が好きって言われるとたくさん出てくるけど、やっぱり空気感って言葉が一番しっくりくるんじゃないかな。 あのまいジャニの空気感、関西ジャニーズJr.の空気感、6人の空気感。一人一人も大好きだったんだけど6人でいるところを見てるのが一番好きだったな。今まいジャニを見返してもみんなが出てた少クラを見返したってこの時が一番好き!って自信を持って言えると思う。

正直デビューしてほしいとかは思ったことなかった。みんながデビューしたいならしてほしいって思ってたけど、想像したことがなかった。デビューを意識して彼らを見たことがなかった。とにかくみんなが一緒にいて一緒に舞台に立ってパフォーマンスしているのを見ることが好きだった。

ジャニーズWESTがデビューして、いよいよなにきんだ!ってなったところでみんながバラバラになってしまったからね。だからデビューを意識する時間がなかった。

 

だから私にとってそもそもキンプリとなにきんのことを同じ土台で考えることが違うんだと思う。

なにきんのデビューは無いなってずっと分かってたし、そもそもデビューしてほしい対象としてなにきんを見たことはあんまりなかった。一方でキンプリはデビューをずっと意識させられてる気がしたからすごいデビューが想像できてたし、デビューしてほしいと思ってた。というのは私の個人的な意見です。

 

でも何が悲しいかって、デビューしてほしいと思っていなくても、ずっと一緒にいてほしいっていうのはずっと心の中にあって。それは今でもある。バラエティでも舞台でもコンサートでもあの6人が一緒にいるのが好きだったし、6人をずっと見てたかった。

 

だからなんっっっども2013年に戻りたいって言ってたし、2013年にタイムスリップしたいって何度も言ってた。あの時が大好きだった。

 

でもキンプリがデビューする。もう振り返ってばかりじゃいられないもんね。ずっとなにきんなにきん言ってるわけにもいかない。

 

そんなこんな複雑な気持ちを抱えつつも、やっぱり紫耀くんが幸せであることが一番だって思います。自担に幸せであってほしい。だから紫耀くんがこの6人でデビューしたいと言い始めたと聞いて、あなたがそうしたいなら私もそれを望むよ、ってバカみたいだけど本当に本当に思った。紫耀くんが良いって思う道がきっと合ってるし、紫耀くんがそうしたいって思う道に私も付いていきたい。

最終的にはここに収まるなあ。たくさん色々なこと考えた。なにきんが好きだったけど、キンプリのデビューを喜んでる自分とか訳わからないし、自分で自分のことを分析すればするほど何考えてるか分からなくて悲しくなる。

でもやっぱりアイドルを応援している上で負の感情って本当にいらないし、感じたくない。

そんな時に紫耀くんがこうした言ってくれたら、私もそれを望めるんだって思った。

紫耀くんが幸せでそうしたいと願うのなら、ファンの批判とか反対なんて全然関係なくって、そうあるべきだって思える。結局は紫耀くんが大好きだって結論でおわり。

King&Prince、デビュー決定!ということで今の思いを綴りました

2018年1月17日水曜日、今日は一生忘れられない日になるんだろうなあ。

Mr.KING、そしてPrinceの6人が今年の春にデビューするとの発表がありました!!新しいグループ名は…

King & Prince

どうしても今自分が感じていることをどこかに残しておかなきゃいけないと思い、やっと気持ちが落ち着いてきたところでこの記事を書き始めました。

まず「デビューおめでとう」この言葉を6人に送りたいなあ。今までずっと描いてきたデビューという夢を掴むことができた6人におめでとうと伝えたい。

生きててこんなに幸せって思えることってそうそう無い気がする。嬉しくて嬉しくて嬉しくて。自担がデビューすることって、紫耀くんがデビューすることって、こんなにも自分にとって嬉しくて幸せなことなんだって実感しました。

正直この時期のデビュー発表にはビックリしました。もうここ2年くらい本当に文字通り毎日のように「いつデビューするんだろう?」って言い続けていて。親にも毎日言ってるじゃんって呆れられるくらい本当に毎日言っていました。本当にデビューしてほしくてしょうがなかった。夢を叶えてほしくて。もうそろそろでしょって思い続けて何年経ったんだろうか。

そして去年の年末、なんとなーく今年のカウコン(2017年〜2018年)で発表があるんじゃないのかな?と勝手に期待していました。周りの友達にも絶対デビューするから見てて!とか言いふらしてて、今思えば私ただのホラ吹きやな。でも言霊ってあると思っていて、今年のカウコンでデビュー発表があると本気で信じていました。まさかの出演もないというオチでしたけれども。期待してただけに、あの放送が終わった後はかなり落ち込んでて、あれーなんも無かったなー、呆気なかったなーってなんだか不完全燃焼な感じで今年が始まりました。そういえば、まだ帝劇も始まってないし、紫耀くんの初主演映画も公開されてなくて、まだ彼らはジュニアでいるべきだって言われてるのかなって勝手に納得しました。

そして突然、一昨日15日に情報局から、17日の特別番組のエキストラ募集!とのメールが送られてきました。正直もうデビューは当分無いだろうって気でいたので全く期待していませんでした。まさかこれがデビュー発表の記者会見なんてね、誰も期待してなかったでしょ。

そして、本日。1月17日。今日はめずらしくオフだったので、昔の少クラとか見直したりしながら家でゆっくり過ごしていました。なぜか分からないけどツイッターとかも全く見ていなくて、けーちゃんだ〜とか思いながらeveryを見ていました。

そしたら突然、本当に突然!キンプリが画面に現れて、デビューというアナウンサーの声が聞こえて。まず自然とソファから立ち上がっていました。最初はこれは夢なんじゃないかって思うくらい驚きが大きくて、時が止まったみたいにその場から動けなくて、声も出なくて。何秒か経って意味を理解した時には勝手に叫んでいました。家にいた弟もビックリですよ。すいませんな、頭のおかしい姉でよ。叫んだし、震えたし、涙がこぼれた。デビューを知った瞬間は本当に頭の中が嬉しい!幸せ!って気持ちで溢れてて、他のことなんて何も考えられなくて気付いたらソファの周りを走り回ってた。デビューってこんなに幸せな気持ちなるんだなって初めて知りました。

デビューを知るのがニュースで良かったなとふと思いました。最近は色々な情報をツイッターで知ることが圧倒的に多くて、この小さいスマホの画面で何でも情報を得ているんですけど、今日はテレビの大画面でキンプリのデビューを知ることができて嬉しかったです。

少し冷静になってから本当に色々なことを考えました。ニュースを見てから今までずっとこのことばかり考えてしまって、少クラを見たり番組を見たりしながら喜びを噛み締めていました。

元々はなにきんが好きだったし、関西ジャニーズJr.が好きだったので、最近も2人が出ていた頃のまいジャニを見返しては、寂しいな〜もうこの時は戻らないんだな〜とか思うことがたくさんありました。だから、紫耀くんにデビューしてほしいって思うのと同時に、紫耀くんのデビューを自分は純粋に喜べるんだろうか?という不安もありました。でも実際にデビューが現実になって、今日のデビュー発表を知ってみたら、もう嬉しさと幸せな気持ちしかなくて、こんなにデビューって嬉しいものなんだなって思いました。心配してた不安なんてどうでも良くなっちゃうくらいデビューが嬉しかった。今日のことはこれからもずーっと忘れないと思うし、私の人生の中でも数えられるくらいの記憶に残る日になったと思う。こんな幸せな思いをさせてくれた紫耀くんには感謝しかないです。ありがとう。

でも、このデビュー発表に対して批判が多いのも事実。デビューを喜べない人がいるのは寂しいことだけど、その気持ちが痛いほど分かるし、仕方ないことなのかなとも思う。今日がなにきんの解散の日になると言ってる人がいるみたいだけど、解散って言葉は少し違うかなと思いました。今デビューしている嵐もJUMPもみんなジュニアの時は、今とは違う色々なグループに所属していたわけじゃないですか。でもそのグループがなくなっても解散とは言わない気がして。ジュニアのユニットはやっぱりグループじゃなくてユニットだし、解散とかはないんだと思います。彼らがジュニア時代にそういうメンバーでやっていたことがあったっていう軌跡であって、自分を成長させる場所で、良い思い出なんだと思う。私たちは彼らのことを絶対にジュニアという大前提で見なきゃいけない。デビュー組とは違うんだ、と。

もちろん私も寂しいです。なにきんの、関ジュの、あの雰囲気が大好きだったから。

もう少し話をさせて頂くと、やっぱりしょうれんがだんだん東京に進出して、ついにまいジャニに出なくなった時は、本当に見ていられなかったし、悲しい気持ちが大きかった。でも、やっぱりMr.KINGとして頑張る彼らを見ているうちに、どんどん好きになったし、前向きに頑張る彼らを見て私も前向きになれた。前向きにならざるを得なかった。楽しくオタクをする、がモットーなので、楽しくないならファンを辞めればいいと思っているのですが、自然に辛い気持ちは消えてた。これは紫耀くんを応援してきた身としての話だけど、Princeを応援してきた人たちにも同じような思いが少なからずあるんじゃないかな。色々な複雑な気持ちも、デビューが決まってやっと決断させてくれた気がします。もう着いて行くしかない。これが彼らと私たちが進む道なんだって教えてくれた気がして、複雑な気持ちも取っ払って前向きに考えられる気がする。

ツイッターなどでも関西のジュニアの話がたくさん出ていますが、やっぱりなにきんメンバーとして一緒に頑張ってきた3人はどう思うんだろうなって、考えてしまうよね。でもだいちゃんも康二も流星もきっと悔しい気持ちはありながらも、デビューを祝福するんだろうなって、俺たちも頑張らなきゃな!って言ってる未来が想像できて泣けてくる。彼らの絆は本物なんだろうな。でも今の関西の勢いとか見てたら、もうあの頃とは違うし、今のメンバーでしっかり関西ジャニーズJr.の形を作り上げてるなって思うからなんか安心して見てられる。彼らが前向きなら私たちも前向きに行かなきゃね。

私が少し不安なことがあるとしたら、残されたジュニアメンバーのことです。1つのグループのデビューが決まると、どうしても決断してしまうジュニアが多い気がします。頑張ってる子が全員報われてほしいと思う一方で、そうでないのが現実ですよね。自担がデビューした身で何を言うんだ、と感じる方もいるかと思いますが、関西のジュニアを見てきた者として少し言わせてください。私は関ジュでは大橋くんが好きなので彼には必ずいつかデビューしてほしいし、ジュニアを辞めてほしくないな…って強く思っています。関西のジュニアは東京のジュニアよりも今回のデビューが響いてる子が多い気がする。絶対みんな祝福するだろうけど、その一方で悔しくて諦めてしまう子もいると思う。彼らが決めたことを尊重してあげたいと思うけど、やっぱり自分が好きな子達にはデビューしてほしくて、ずっとジャニーズでいてほしくて、っていうのも事実。だから心配。辞めないでって言いたい…。

少し重い話になってしまいました。ここからは、これからのキンプリの楽しい未来の話をしたいと思います。

KINGとPrinceでデビューするってことは分かりきってたことだと思う。きっとこの6人なんだろうなってもう2年前くらいからみんな思ってたと思う。次はキンプリだ!って。でもいざデビューが現実になってみると、分かってたはずなのに、この6人でデビューできることがやっぱり奇跡みたいでこの6人で良かったって噛み締めてる。

やっぱり紫耀くんにはずっと幸せでいてほしいなと思うのですが、この6人でグループになったことは、紫耀くんにとってとても幸せな形なんじゃないかなと思います。

紫耀くんにとって弟みたいで何でも言い合えるというカイちゃん、プライベートでもいつメンで仲良しなじぐいわ、自分より年上で頼れる岸くんがいて、そして関西時代からずっと仲間として頑張ってきて長年の付き合いがある廉くん。こんなに居心地のいいグループないんじゃない?そんなことないかなあ?紫耀くん!このメンバーでデビューできて良かったって紫耀くんが思ってたら嬉しいな。

紫耀くんは東京に来てから、ジュニアのセンターを張ってきて、たくさんのことを一人で抱え込んできたんじゃないかなと思います。たくさんのジュニアがいる中でセンターを張ることの重みとか、ジュニアを引っ張って行かなきゃいけないことへのプレッシャーとか、ジュニア全員の舞台でも1人だけ極端に出演時間が長かったり、1人だけ違う扱いをされることが嬉しいことでもある一方で、それはすごく難しいことだったと思います。デビューすることで、この6人でやっていくことで、そんな紫耀くんの肩の荷が少しでも軽くなったらいいなと思います。これからは同じメンバーとして6人で支え合いながら頑張ってほしい。もう1人で頑張らなくていいんだよって言いたい。紫耀くんがリラックスしていられる帰れる場所であってほしいな。頑張りすぎちゃう紫耀くんだから頑張りすぎないで。

でもそう考えるともうジュニアでなくなる、Mr.KINGでなくなるってことは寂しくもある。これからは今までとはずっと違う形になって行くんだよね。でもきっとそこには幸せで楽しくてキラキラしてる未来が待ってると思う!今までにありがとう。そしてここがスタートラインだね。みんなで幸せになろう。

デビューするってどういうことだろう。改めて考えてみると知ってるはずなのに分からないというか不思議な感じがする。CDが発売されてCDショップにキンプリの顔が並ぶんだよ。そのCDを買って部屋に並べたり。みんなの歌声がCDになって通学するときにipodで聞けちゃったりするんだ。デビュー曲はどんな曲だろうなあ。是非かっこいい曲をお願いします!ジャケットはどんな感じだろうか!握手会とかもやっちゃうのかな?ライブとかもやっちゃうの?いよいよキンプリでのライブが見れるんだね…。ドームでのキンプリのライブとか楽しみすぎない?たくさんグッズも発売されるんだね。最初とか全員のうちわ買いそうな勢いだよ、もう。先輩たちの番組にもたくさん出るかな?VS嵐に出て嵐さんと対決してほしいな!冠番組もきっとゲットしてね!あああもう楽しい未来が広がってる!!!!これからだね!!!

 

まだまだ書き足りない。

 

私が最初に彼らを見つけた時の話をしたいと思います。私は紫耀くんと同じ代なのですが、5年前ぐらいの中学3年生の頃、友達に神山くんが好きというジュニア担がいました。その子の存在は、ジャニーズは関ジャニ∞しか見てこなかった私が初めてジャニーズJr.を見るようになったきっかけでした。関西ジャニーズJr.ってこんな楽しいんだって。エイトが好きだった私は本当に簡単にコロっと関ジュ担になりました。まだ7WESTが6人だった頃の話。

そしてまいジャニがスタートしました。初めてときめいたのは廉ちゃんでした。初めは顔でした。純粋に顔が好きだった。それだけ。それだけだったけど、見ているうちに廉くんのあの天然さとか可愛さに惹かれて、年下だけどいいのかな?とか思いつつ廉くんにどんどんハマってた。廉くんが初めてまいジャニコンでソロでアジアの夜を歌った時は嬉しくて泣いたなあ。廉くんが好きっていう一方でどんどん仲が深まっていくなにきんの6人のことがどんどん好きになっていて、いつのまにか箱推しになってたんだと思う。この6人で一緒にいる廉くんが好きだってなってた。毎週まいジャニを見たり、1年に1回の少クラin大阪を友達と鑑賞するのが楽しくて仕方なかった。2013年の少クラin大阪は歴代の少クラの中でもナンバーワンだと思っています。宝物。関西ジャニーズJr.の全国ツアー、、幸せだったな。そして2014年にジャニーズWESTがデビュー。次はなにきんの番。デビューって目標が明確になったなって思っていました。ジャニーズWESTとなにきんの13人でいる時の関ジュが大好きだったから寂しかったけど、これから関ジュを引っ張っていくなにきんには期待しかなかった。だから楽しみだった。

なんだけど、徐々にしょうれんだけが推され始め、ジャニワに出ちゃったり、ドリボに出ちゃったり、2014年はゾワゾワしてた。実際まいジャニに出なくなったのも2015年だし、東京に来たっていうみんなの認識は2015年なのかもしれないけど、私は2014年が一番悲しい年だった。Brotherがみんな好きだと言うけど、私にはちょっと悲しい思い出が詰まりすぎてる。どんどん6人じゃなくなっていくのをひしひし感じている時の曲でした。

正直2015年にキンプリができた時私は大学生になったということもあってもうだいぶ彼らから離れていました。キンプリってなに…って感じだった。あんなの見てれられなかった。Mステとかも録画してたけど、楽しみって感じではなかったし、突然の出来事で全く受け入れられなかった。東京のジュニアなんて全然知らなかったし、関西でいてほしい、髙橋海人って誰…。正直そんな気持ちで溢れていて、キンプリを応援する気なんてサラサラなかった。

でも紫耀くん、廉ちゃんを嫌いになったわけじゃなかったから、Mr.KINGになった3人を見ているうちにだんだんと好きって気持ちが芽生えていて、2016年Mr.KINGとして過ごした夏にはもう彼らに着いていくことを決めてた気がします。気付いたら3人で1つになってたし、3人が3人でいることを受け入れてたから、私も受け入れたんだと思う。3人がキラキラして見えて私が今着いていきたいのはこのグループなんだなってなんとなく思った。多分ずっとキンプリのままだったら私は彼らを好きになれなかった気がする。Princeが嫌いとかそういう話ではなくて、Mr.KINGとして3人はすごく絆を深めたと思うからそれを見て決心できたんだと思う。んーなに言ってるのか分からないけど、Mr.KINGが3人でいたから私はMr.KINGを好きになれたと思う。

Mr.KINGになった廉ちゃんを見て初めに思ったのは、今の廉くんを担当と呼ぶことへの違和感でした。廉くんはいつのまにかすっごく成長しててめちゃくちゃしっかりしてた。変わってた。今思えば廉くんは変わってないんだけど、その時の私には昔の廉くんと全然違う風に見えたんだと思う。もちろん人は変わっていくし成長していくものだと思うんだけど、あの時の廉くんを見ていたから違う廉くんに戸惑ってしまって、担当だって言い張れなかった。そんな時に紫耀くんにビビっと来て。廉くんが違うから紫耀くん、ってなったわけではなくて、廉くんが違うなって思った時と、紫耀くんだって思った時は不思議と被ってたなって思います。そこからは紫耀くん一筋でした。

色々あったな。久しぶりに見た2人はあの時とは全然違って。関係性もだいぶ変わってた。この話は前の記事でも書いたけど、しょうれんの関係性は大きく変わったよね。まいジャニでデレデレしてるばかりの2人じゃなくなってた。最近は色々な雑誌でも公言してるけど、やっぱりあの時期2人は距離があるように見えたし、実際にそうだったみたいです。この話は長くなるのでまた別の記事でしますが。でも今そんなことを言えるようになって一つ乗り越えた2人はめちゃくちゃ強い。同じグループになったってことはもうこれからさっきずっと一緒に人生歩んでいくってことで、運命共同体みたいなものだからね。2人がお互いの存在を強みにできたらいいな。

私にとってなにきんの時代はとっても良い思い出です。彼らにとってもきっとそうだと思う。あの頃があってこその今だと思う。それを共有できる仲間が同じグループにいることは心強いし、2人が一緒にいることでこの思い出がずっと消えない気がする。廉くんにとって紫耀くんが、紫耀くんにとって廉くんが同じグループにいることは絶対に強いはず。そんな気がする…。

たくさん書いてしまいました。思っていることをどんどん文字にしていっただけなので文章がまとまっていないし、もう長すぎるわ!って感じだけど、今の思いを残しておくことが大事なんじゃないかなと思いました。本当にデビューおめでとう。そしてこんな幸せをくれてありがとう。これから6人で幸せになろうね。

f:id:misaking129:20180118025637j:image

おしまい。

 

 

2018年。

さて、年が明けました。2018年、始まりました。2017年最後には蕎麦を食べて、2018年最初にはハーゲンダッツのほうじ茶ラテを食べた。どうでもいいな。とりあえずほうじ茶ラテはとっても美味しいので是非食べてみることをオススメする。

年が変わる瞬間は今年もジャニーズカウントダウンを見ていました。我が家では毎年恒例です。楽しいもんなあ。ジャニーズ事務所のタレントなら誰でもスキ!っていう私みたいなDDには持ってこいの番組ですよね。

 

2017年…色々あったなあ。平野さんがMATCHのCMキャラクターに選ばれたり、初主演映画honeyが決まったり、2本目の主演映画ういらぶ。の公開が決まったり、Mr.KINGの初めての単独のコンサートがあったり、ええ。色々ありましたね。安田くんより活動してた気がする。安田くんより忙しかったんじゃないの?あなた。元気?今年は誰と年を越したんですか?

 

私の2017年の口癖は「早くデビューしないかなあ」でした。もう2015年くらいからずっと彼らはもうデビューしても良いぐらいキテるんだよね。もうずっとキテるんだよ。もう3年間くらいずっとキテる。魚だったら今が一番美味しい脂が乗ってる時って感じなんだよ。それを3年も続けてるんだよ。だかれもう身が引き締まりすぎてもう力尽きそうなんだ。疲れてきてる。

きっとみんなそうじゃないかな。本人達もファンもずっと気が張ってて、デビューデビューってなってて、今だよ?今なんだよ!ってずっと思ってる気がして、なんかしんどくなってきちゃう。

2015年くらいからずっと思ってたんだけど、でも今年はなんか違う気がした。初めてが多くて、KING3人も一緒にいる決意をすごく感じた気がした。だからなんか今年かなーって感じがしてた。

なんか今年!って感じしたの!って毎年言ってるけどなあ。まあいいのよ。

 

期待しすぎたんだ。

 

でも!私は諦めてないよ!きっと今年こそデビューしてくれるって信じてる!きっとジュニアを応援するってこういうことなんじゃないかなあ。ジャニーズWESTがデビューした時のあの感動をもう一度味わいたい。

もう何年待ってると思ってんのよ😭きっと盛大にやってくれると思ってるよ😭ウワア、今から泣きそうだよもうやだ!元旦に泣かせるのやめろよ!ジャニーズ事務所

では!2018年デビューするぞ!言葉に出していくよ!言霊!

2018年もよろしくお願いします🤲

なぜ青髪にしたんですかね。

こんばんは。お久しぶりです。皆さん今日も元気にオタクやってますか!私は毎日朝目が覚めては、まだ暖かい布団の中で「自担、早く髪を染めてくれ」と祈り続けています。早く布団から出て大学に行ってください、朝の私へ。

この記事を読んでくださっている皆さんならもう知っていると思いますが、安田章大が髪の毛を青に染めました。

なんで染めたの。もうここ最近、お友達に良く聞かれるんですけれど、それ、私が、一番、知りたい。

見ましたか?先週の火曜日、11月28日に放送されたベストヒットアーティスト2017。今年も櫻井さんが司会を務めたよ!!翔くんあとちょっと痩せてな!!

もう私怖いんだわ、安田くんが。 

f:id:misaking129:20171207113703j:image

はい、ドーーン。コレです。突然こんな髪型で現れて。マジで心臓に悪いかららやめてほしい。本当にビックリよ。青髪にしても鮮やかすぎる青。どんだけブリーチしたのか考えるだけでこっちが禿げそうだ。

「ヤスくんは青髪でもかっこいい〜😍💙」「ヤスくんはなんでも似合うねっ🌈」とか言っているお花畑さんはどこの誰ですか。

 

似合ってないゼヨ。

 

そもそもおそらく人間でこんな髪色似合う人いないんだよ。こんな鮮やかな青髪が似合うのはロケット団のコジロウかあいこちゃん(ドレミちゃんの青)くらいなんだよ。黒子テツヤよりも鮮やかな青色だよアレ。おかしいだろ。二次元かよ。

 

そうだ。そうだった。そういえば安田くんって少しどころかだいぶ変な人だったんだ。

f:id:misaking129:20171204235522j:image

知ってましたか。安田章大、左の脇毛を緑に、右をピンクに染めてるんですよ。草間彌生でもそんなことしないよ。もう思考回路が理解できない。おそらく彼はもう三次元で生きていない。私たち凡人とは絶対にどこかが大きく違う。

f:id:misaking129:20171205000240j:image

そういえば彼つい最近(9月上旬頃)までこんな髪型してました。この写真、彼を知らない人に見せたら、ジャニーズだとは思わないんじゃないかな。どこかの民族の人?みたいな。なんだこのヤキソバ頭は。焼いてやろうか。

 

この変な髪型からやっと解放されたー!これで自由だー!と喜んだMステ出演時の安田さんがコチラです。

f:id:misaking129:20171205105604j:image

エッッッ!カワイイ!アワワワ!

あー女ってバカだな。結果顔が良ければイチコロなわけで、こんな可愛い天使を前にしたら、少し前まで彼がヤキソバみたいな頭してたことなんて一瞬で忘れてる。

次の週のウルトラスーパーフェスに出演した安田さんのビジュアルがコチラ。

f:id:misaking129:20171205110541j:image

安定の可愛さ。ポテンシャルが高いから良いものを合わせればそりゃ良くなるに決まってる。この日滅多にホットワードに上がらない安田章大の名がツイッターでトレンド入りしたほとです。それだけファンが彼のこれまでの髪型に不満を抱いていたことが見て取れるでしょう。そう、私たちは油断してたんだ。

それからおよそ2ヶ月半。いよいよ年末!たくさんの大型音楽番組が始まる大事な時期での突然の青髪。 f:id:misaking129:20171208224909j:image

やっぱり何度見ても似合ってないやろー!めっちゃ可愛いのに。もったいない。せっかくのやすばなのに。もったいない。他メンバー全員黒髪だからもうそりゃあ目立つ目立つ。青が目立つ目立つ。

 

ここで言わせててもらおう。アイドルは結局外見が命だ。顔も大事だしそれに付随して髪型もとても大事。髪型をコロコロ変えるのが悪いとは思っていません。それは賛成。だって人間ってずっと同じだと飽きるって言うじゃん?マンネリ化って別れの原因って言うじゃん?

ジャニーズWESTの重岡くんなんてもうかれこれ10年くらい髪型変えてないじゃん。たまには茶髪とか見てみたいじゃん。あ、そうでもない?

髪型を変えるのは良いんだけど、やっぱりアイドルである以上それは「喜んでもらえるもの」であることが大前提だと思うのです。アイドルは人を喜ばせたり楽しませたりする仕事だからね。

 

で、なんで安田くんはこんなに何度も何度も変な髪型にするの。そんなの安田くん本人にしか分からねーよってな。うん。

彼女に振られたのかな?大型音楽番組で目立ちたかったのかな?ファンへのサプライズ?ファンが喜ぶと思った?

あ、ちなみに青を選んだのは彼のメンバーカラーが青だから。いやそれで納得しないで。だって藤ヶ谷さんが髪の毛をピンクに染めたらビックリってかもうネットニュースどころか朝のニュースになるじゃんか。

多分安田さんは彼女に振られたわけでもなく、目立ちたかったわけでもない。ファンに喜ばれようと思ったわけでもないんですよね。本当に「やってみたいな」っていうちょっとした好奇心からやったと思うんです。多分そういう人なんです。

「あ、海行きたいな」みたいな感じで突然ハワイに行くタイプです。思ったらやってしまう。

あと多分すごーーく個性的な人なんですね。まあ着ている服とか見てもらえればすぐ分かると思うんですけど。

そうだった。安田くんて誰よりも自分に自由に生きている人だった。忘れてた。青髪にしてみたいからした。それだけだ。そういう自由なところが彼の良いところでしたね。 

 

でも!!やっぱり青髪は似合っていない!!(結局) 早く染めてください、お兄さん。よろしく。

渋谷すばる生誕祭

本日9月22日は、渋谷すばるさん36歳のお誕生日です!おめでとうございます!

私が関ジャニ∞を好きになってから、すばるくんの誕生日を迎えるのは今年で7回目です。初めて誕生日を祝った時、彼はまだ28歳でした。そう思うと、本当に歳を取ったんだなあ。36歳ってもう四捨五入したら40!ついにアラフォーと呼ばれる年代ですね。

この7年間ですばるくんは、外見も中身もグループの中で一番変化した人なんじゃないかな、と思っています。

少し前のすばるくんは、私の中で単純に“怖い”って印象がありました。テレビに出る時も、ライブに出る時も、私が一番初めに気にするのは「すばるくん今日は機嫌いいかな?」でした。

良くも悪くも、思っていることとかテンションとかがはっきり表情とか態度に出る人だったと思います。明るい曲を歌っているのにも関わらず、全く笑顔がなかったり、MCで全く発言しなかったり、そんなことが多々あったような気がします。でも当時は、それもまたすばるくんの良いところなんだろうなと感じていました。でも最近はそれがガラッと変わった気がします。

グループの中で歌っている時も話している時もイキイキしていて楽しそうで自分の居場所はここだ!って言ってくれているみたいで、そんな最近のすばるくんを見ているのがとっっても好きです。関ジャニ∞の中にいて居心地が良いっていうのが伝わってきます。

 

では、私が思うすばるくんの好きなところを話したいと思います。

まず、彼が紡ぐ言葉です。ライブで一人ずつ最後の挨拶をする時、心に刺さる言葉を発してくれるのがすばるくんです。だからこそ、すばるくんに「これからも関ジャニ∞に付いて来てほしい」って言われると、絶対付いていかなきゃいけないんだって思います。

すばるくんの言葉にグッと来るのは、やっぱり彼の音楽に向かう姿勢だったり、エイターへの姿勢、アイドルに向かう姿勢、そして関ジャニ∞に向かう姿勢がかっこよくて、素敵だからだと思います。

稀代の歌手とまで言われているすばるくんは本当に「歌う」ために生まれてきたような人です。そんな彼こそ、関ジャニ∞が音楽方面で認められることを望んでいたんだと思います。なのに、ようやくバンドで成果を出して出演した初めての野外フェス「METROCK」の最初の挨拶で彼が発した言葉が「アイドルやってます!関ジャニ∞です!」なんですよ!?バンドとしてやっと認めてもらったんだからバント売りしてもいいはずなのに、ジャニーズとして、アイドルとして誇りを持っていることがとてもかっこいいと思いました。

あとは、すばるくんの関ジャニ∞の中での立ち位置?メンバーからの扱われ方が見てて微笑ましいので好きです。すばるくんはメンバーから絶大な信頼を置かれていながらも、どこかで甘やかされているようなところがあると思います。MCの時とかは自分が話したいと思った時以外は話さないし、でも話したくなったらグイグイ行くし、すごい自由にやってる気がするし、そんなすばるくんのことをメンバーも好きなんだろうなあって思います。

最後にやすばについて書かせてください。やすばさん、そろそろ活動してくれません?またdesireが聞きたい!そして2人が共同で作る新しい曲が聴きたいです!関ジャニ∞の中で2人にしかできないような楽曲をやってほしい。やすばコンとかやってくれてもいいんだよ?やすくんとすばるくんのタッグの可能性は無限大だと思っています。そろそろだよね?期待しています!!
すばるくんの好きなところまだまだたくさんあるし、やすばについてもたくさん語りたいことあるんですけど書ききれないので、また別の記事にてということしたいと思います。

すばるくん36歳おめでとうございます!これからも素敵な歌声と素敵な言葉で世界を魅了していってほしい!世界で一番マイクが似合う男だ!!!!!

 

3週目のニート会ラジオ

さてーー!!ニート会ラジオ3週目が放送されましたーー!!このメンバーでのトークが聞けるのも、あと1回なんてもうすでに泣きそう😭あと3ヶ月くらいこのメンバーでやってくれてもええんやで?一週一週、一分一秒、一文字一句楽しんでいくしかないですね!(怖い)

 

今回は9月17日放送分の回についてです!今回多分このラジオを聞いていた全ての人が、始まって1秒で「大橋くんかわいい、ゔっっっ」ってなったはず。間違いない。皆さんをそんな気持ちにさせた大橋くんの一言がこちらです↓

大橋「プリンに醤油をかけるとうにの味」

どっちかっていうとこういう言い方でした↓

大橋「ぷりんにしょうゆをかけるとうにのあじ」 

もうこの言い方が最高最上級に可愛いんです!大橋くん以上に可愛く言える人この世界にいないと思う!彼しかいないと思う!(落ち着け)

ぷりんにしょうゆをかけるとうにのあじ!ぷりんにしょうゆをかけるとうにのあじ!

何回でも言いたくなる。可愛い。超棒読みなところがまた良い。着信音にしたい。ぷりんにしょうゆをかけるとうにのあじ!はあ、大橋くんしょっぱなから可愛いのかまし過ぎて、もうこのラジオ心臓持つ気がしない。

オープニング始まると、大橋くんの一言に爆笑している西畑正門がまた愛おしいです。

大橋「今月は!西畑!正門!大橋の3人が担当しています!で、9月の担当は僕、大橋和也が司会しまぁーーす」

ごめん、大橋くんの話してる言葉がわからない、、。9月の担当は僕、大橋和也が司会します?わからない!もう可愛い!!全部丸ごと可愛いよ!!だからもうわからなくていいんだよ!!(甘い)

西畑「ちょ、あの、一言なんすか?ww最初の一言ww」

大橋「え?ぷりんにしょうゆをかけたらうにのあじ!」

西畑、正門「知らん!知らん!」

大橋「え?なんかよう聞けへん?まだやったことないけど!」(関西弁超カワイイ)

西畑「なんかそういうあれがあるってのは聞いた」

大橋「な!な!というわけでね…(突然話が戻る)

多分、2人が言ってる「知らん!」ってのはそのことを知らないとかじゃなくて「それどうでも良すぎ!知らんわ!」の方でしょ?話が通じてない😂はあ、大橋和也可愛いのオンパレードだなあ?しんどい!

結構意味わからないこと言った割に、本人的には大したことなかったぽくて、すぐ話逸らして本題に戻っちゃうところも含め可愛いです。大橋くん自由に生きてるなあ。

大橋「というわけでね、1月はこの3人でお送りしますが!」

正門「1月じゃねーよ」

大橋「(爆笑)」

西畑「ほんまさ〜、

大橋「ごめんなさい!ごめんなさい!」

西畑「台本では〜ちょっと間違っちゃってて、1月になってんの!」

大橋「ごめんごめん!」

西畑「1月になってるけど、そこはさ〜俺ら一応プロやんか?プロなわけ!」

大橋「ごめんごめん!そやな!」

西畑「なんで1月って言った?」

大橋「ごめん読んだ!」

正門「も〜〜馬鹿正直やから!」

え〜〜〜もう〜〜〜かわいすぎない〜〜〜?大橋くん司会むりすぎない??むりだよ〜〜〜かわいい〜〜〜(うるさい)西畑正門に突っ込まれて、後ろで笑いながらずっと「ごめんなさい!ごめん!」って言ってて可愛かった。表情とか仕草とか想像できすぎる。多分めちゃくちゃ満面の笑み。あとは正門が「馬鹿正直やから!」って大橋くんを甘やかしてる正門大橋の関係性もかなり尊い。It's “正橋”。

あと関係ないんですけど、わたし大橋くんの「こんばんは」の言い方がめちゃくちゃ好きです。「こん↑ばん↑は↑」じゃなくて「こん↑ばん↓は↑」って感じですよね。めちゃくちゃ好きー!でも伝わらない!うーー説明が難しい!

 

そしてお便りを読んでいくのですが、その中で少クラin大阪の収録の際に、だいちゃんが健人くんからアドバイスを頂いた!という話に。

西畑「西畑はこういう感じでいったらいいんちゃうかみたいなことを言ってくれたり」

正門「えーいいな!むっちゃえーやん」

大橋「なぁ、俺も言ってほしい」

西畑「健人くんてやっぱり顔とかスタイルとかもかっこええけど、中身もかっこいいんですよ。生き方とか、考えてることが全部かっこよかった」

大橋「ずっとスーパーアイドル」

この話かわいかった〜☺️健人くんから俺もアドバイスほしい〜、の言い方が完全に、彼女に対して「なぁ俺にも好きって言ってほしい」って言う時(言うか知らんけど)の言い方だった。あとは健人くんに対しての尊敬の仕方が「ずっとスーパーアイドル」なところも大橋くんらしくて好きです。「夢はスーパーアイドルになること」がいつまでもブレない。

だいちゃんがマリウスにちょっかい出して「気持ち悪い!」と言われたのが可愛いと言う話になり。

大橋「え、でも正門に気持ち悪いって言われるとなんかなあ、ちょっと気持ち悪い」

(一同爆笑)

結構正門に対して酷なこと言ってめちゃくちゃ爆笑する大橋くん。ハッハッハってカスカスな声で笑っていて本当可愛いです。たまに出る無意識なドSかずくん。

次のお便りはファンになんて呼ばれたいかという件について。安定のお便り。だいちゃんは大吾くんって呼ばれたいって言ってて、2人が賛同できないみたいなノリだったけど、ついこの前まで大橋くん「ファンの人にかずくんって呼ばれたい」って言ってなかったっけー?「かかくん」はネタよな?さすがにかかくんは無理だけど、かずくん呼びはがんばる。

 

そして、あっという間にエンディング😭大橋くんがエンディング曲に選んだのは「勇気100%」です。大橋くんがジャニーズに入る前から知っていた曲だからということで選んだみたい。

 

そして、早くも甘いおやすみのコーナー!

西畑「俺とはっすんは先週にやったから正門に勝たせましょう!」

大橋「何出す?」

正門「チョキ!」

大橋「チョキ?ゆったで!」

西畑「俺パー出すな」

大橋「俺もパー出すな」

3人「最初はグーじゃんけんぽい」

大橋「ハッハッハ(爆笑)」

結局負けたのはだいちゃんだったようです。純粋にチョキを出して2人に裏切られたみたい。大橋くんは意味もわからずグーを出す。

大橋「わからん、なんでグー出したんやろ」

わからんな。でもかわいいからいいよ。大橋くん何してもかわいいからOKになる。この世の中大橋くんに甘い。とにかく今回も大橋くんがかわいい世界だった〜〜最高!大橋くん司会意味わからなすぎて最高!来週で終わりさみしい😭来週も楽しみましょう!!!

大橋くんについて

今日は、最近私の中でホットな大橋和也くんについて書きたいと思います。

 

まず大橋くんについて知ってる方も知らない方もおさらいしましょう!関西ジャニーズJr.に所属している大橋和也くん、1997年8月9日生まれの20歳です。まだ20歳になりたてピチピチ。入社は2009年4月3日。同期は今江大地朝田淳弥、末沢誠也あたりです。憧れている先輩には中居正広さん、中山優馬くんを挙げています。夢は「スーパーアイドルになること」。大橋くんを語る上で外せないワードですね。これだけは絶対にぶれなくて、強い意志があるみたいです。夢を口にするって簡単なことじゃないし、そういうことを何度も口に出してくれることは私たちファンにとっても嬉しいことです。

f:id:misaking129:20170914034116j:image

大橋くん、笑った時のクシャってなる笑顔がとっても可愛い。プリンとかグミとか甘いものが好きで、食べることが大好き。声がカスカスなので、良くいじられていますが、そのカスカスな声さえも可愛い(甘い)。基本周りに良くいじられていて、メンバーや先輩からも冷たく扱われていますが、それも愛情表現の一つ。とっても愛される良い子。

 

そして大橋くんのもう1つの魅力がダンス!しなやかで滑らかなダンスをします。1つ1つ丁寧で流れるような動きはずっと見て痛くなります。滑らかではあるのですが、止めるとこは止めるとか、そういうメリハリが上手だなって思います。私はダンスについての知識はあまりないのですが、見ていてそのメリハリが気持ちいい。あとは音に動きがピッタリ合っているので、これまた見ていて気持ちがいい。最近は急に男らしくなって、エロい仕草とかもバッチリ!踊ってる時の彼は、可愛い大橋くんから一変します。完璧なギャップ!是非これは一度見て頂きたいです!

f:id:misaking129:20170914034713j:image

さてさて大橋くんの基本情報と魅力についてツラツラと書いてきました。まだまだ書き足りない!のですが、大橋くんの魅力を語っていたら日が暮れます。彼はとても魅力的な人なので、まだ知らないよって方は自分の目で見て頂いて、たくさんの魅力を発見してほしい思います!

 

さて話は変わりますが、今回は私が大橋くんと出会ったキッカケを書いていきたいと思います(勝手に)。まず、誰が好きなの?って話なのですが、もちろん紫耀くんも大好きです!大橋くんも好きです。特に掛け持ちがどうとかは気にしていないし、好きになる人数なんて自由でいいじゃんと思っている人間なので、どっちの方が好きとかも特にないです。その時好きな人を応援するし、会いに行きたいと思ったら会いに行きます。そんな感じです。

私が大橋くんを初めて知ったのは2013年のザ・少年倶楽部 in大阪でした。当時7WESTが好きだったので、その流れで自然と他の関西Jr.も見ていました。もちろん、まいジャニも放送初回からチェックしていました。正直まいジャニを見始めた頃は、ほとんど前の6人しか見ていなくて、れんれんカッコいい〜れんれんカワイイ〜とかしか思ってなかったんですけどね。そんな中で楽しみにしていたin大阪が放送され「関西Jr.にQ」のコーナーで大橋くんが取り上げられていました。それが私と大橋くんの初めての出会い(大袈裟)。当時はまだGangStarというグループでした。

大橋くんはアクロバットが凄い!というのと、体が柔らかい!ということで取り上げられていました。その時の私の大橋くん第一印象は

このピンク色の服着たブタみたいな子はだれだ。声カッスカスだな!

みたいな感じでした。失礼のオンパレード。ごめんな。

その後の幸登くん(懐かしい)のトークの時にも「大橋は食べ物とか飲み物とかをもらいたくても欲しいって言わずに、それなんなん?とか遠回しに欲しいって言ってくる」って話になって、幸登くん丈くんにいじられる大橋くんを見ることができました。そこまでは大橋くん可愛いで終わっていました。

そこから、大橋くんが気になり始め、とりあえずその月のin大阪の曲の部分を見返しました。トークの時には、あんなにフワフワしてて可愛かった大橋くんが、踊るとめちゃくちゃかっこよくなっていて、そのギャップにイチコロ。ここで大橋くんカッコいいを知る。何度も何度も見返しました。大橋くんは色々な人のバックに付いていたので、後ろでダンスする彼を見ては、大橋くんの踊りはすごいな…と感激していました。後ろにいるにも関わらず、凄い目立つ。私、本当にダンスとか全然わからないんですけど、彼のダンスは顔が見えていなくても当てられる自信があります。それくらい個性的で魅力的な踊り方をする人です。私の中でそういう人は、大橋くんか紫耀くんくらいです。長くなってしまいましたね!大橋くんのダンスの話になると熱が入ってしまいます!

中でも私が in大阪2013の中で大橋くん注目ポイントだなと思う曲が平野紫耀くんのソロ「カリーナ」と7WESTが歌う「Sing for you」です。このバックに付く大橋くんは素敵すぎて何回見たか数えられない。

間違いなくこの年の少クラin大阪は今までの少クラで一番何回も見た少クラだ.@(a思います。この年の関西ジャニーズJr.が大好きでした!!B.A.D.と7WEST、濱ちゃん、文一くん、龍太くん、がいて、なにきんがいて、その後ろにギャンスタがいて、みんな家族みたいで、楽しそうで、平和で、でも貪欲で、好きでした。

でも今はもっともっと大橋くんの出番が増えて、マイクも持つようになったり、その成長を嬉しく思わなければいけませんね!

そうこうして少クラで大橋くんを見つけてしまい、そこからハマるまであっという間でした。まいジャニのSHOWTIMEで後ろで踊る大橋くんを見て、ワーキャーして、SHOWTIMEで初めてマイクを持った時はとても感動しました😭2013年からだけど、大橋くんの成長はしっかり見守ってきたつもりです。

 

そんな大橋くんの今後の話をしたいと思います。大橋くんは今、公式のグループには所属していません。Funky8という非公式のグループはあるけれど、私は正直Funky8を公認グループにしてほしいとは思っていません!確かにその8人の中には長い間一緒にやってきたメンバーもいるし、良いメンバーだとは思います。でも今の彼らにグループは必要ないと思っています。個人個人で戦うべき時だと思います。グループ作って仲良く横並びにやっているほど甘くない!

気を悪くする方もいるかもしれませんが、正直な話、紫耀くん廉くんがいなくなった時、今後関西Jr.はどうなるんだろうつて思ったし、もう無理なんじゃ…って思った時もあったし、それはファンも本人達も同じだったと思います。その中で、だいちゃんジーコ流星龍太くんが先陣切って関西Jr.を盛り上げていて、みっちーや恭平世代の新しい子もバンバン出てきている中で、もう今誰がセンターで誰がバックで、この人は先輩で後輩で、この人はこのグループでとかなーんもなくて、すごく自由にできる時期だと思うんです。一応今は4人が関西Jr.のセンターのいる感じがするけど、大橋くんもいくらでもその中に入っていけるような立ち位置にいると思っています。グループの縛りがない今だからこそもっと上に上に行って欲しいという気持ちが強いです!仲間と頑張ることも大事だけど、今は一人でもいいからどんどん突き進んでほしいです。

あーまた熱く語ってしまった〜😨正直、紫耀くんはもうデビューできるっていう確信があるので、彼のやることなすことを見守って、彼のやり方を応援していきたいなって、ただ付いていきたいなって思っているんですけど、大橋くんはまだやっぱりデビューからは遠くて、いつデビューできるか分からなくて、いつジュニアを辞めちゃうか分からなくて、っていう状況なので、もっとこうなってほしい!とか理想が強くなってしまいます、、、。

大橋くんにはどうしてもデビューしてほしくて、どうしても辞める姿を見たくないので、もっと人気になって大きくなって、スーパーアイドルになってほしいです🐷そのために私たちも全力で応援しなければいけないですね💪

f:id:misaking129:20170914134822j:image

がんばれ。