ひとりごと

平野さん

King & Prince デビュー日

本日5月23日はKing & PrinceのCDデビュー日。おめでとうございます。1月の17日にデビューの発表があり、約4ヶ月。長かったなあ。

デビューの発表を知った時の感動は忘れないです。家でテレビを見てたらたまたまevery.でデビュー発表のニュースが流れて、ソファから立ち上がって泣き叫びました。あんなに幸せを感じた日はないなあと思います。ずーっと望んでたことだったから本当に嬉しかったな。デビュー日に書いた記事がこちらです。

King&Prince、デビュー決定!ということで今の思いを綴りました - ひとりごと

3月にデビュー曲であるシンデレラガールが発表されるまでは特に何も情報がなかったから、いつになったら情報くれるの?って待ちくたびれてたなあ。4月はドラマが始まったり、ZIPでコーナーがもらえたりとか色々あったからそこからは割とあっという間だったけど、4ヶ月長かったですね。

5月22日、昨日は彼らのジュニアとしての最後の日でした。そんなことを考えて思い出に浸っていたらなんだか涙が出てしまいました。デビューすることがこんなに嬉しくて待ち望んでたのに不思議だなあ。でも悲しい涙ではないんだよ。んー、説明できないんだけど、なんだろう。

私は2012年の10月に始まったまいジャニをきっかけに紫耀くんと廉くんを知りました。そこから関西ジャニーズJr.として、なにきんとしての、紫耀くんと廉くんを応援する日々は夢があって、本当に楽しくて充実していました。この話はすると長くなるから軽めにするけど、私はこの6人でデビューしてほしいと本気で思っていました。

2014年あたりから紫耀くんと廉くんが東京に来て海人とグループを組むようになって、複雑な状況が続いていました。3人を最初から応援することなんてもちろんできなかったし、東京で活動が増える紫耀くんと廉くんのことを嬉しく思えませんでした。2015年に柊真が事務所を辞めたことで、私はかなり落ち込みました。もう無理なのかなってそこで私は一度区切りをつけました。

2015年、Mr.King vs Mr.Princeが結成され、最初は納得できず、私は彼らから一旦距離を置きました。そこから少し経ってMr.KINGとして3人で活動するようななり、ジュニアのトップで頑張る紫耀くんと廉くんを見てやっぱり応援したいと思いました。この人たちに付いていきたいと思いました。Mr.KINGのパフォーマンスとか空気感とかを見たら応援せざるを得なかったな。最初はなんだか好きになれなかったカイちゃんのこともいつのまにか大好きになっていました。

約5年間、紫耀くんと廉くんを応援してきて、本当に色々なことがあって、色々な気持ちを経験しました。色々なことを思ったし考えたし自分で答えを探した。関西にいつ戻るんだろうって待ちわびて、もう戻らないんだって気づいた時の辛さとか、でもそれが彼らにとって良い経験になってこれから成長していくんだなって気づいた時は私も少し成長できた気がしました。紫耀くんがお仕事をたくさんもらってきてくれるとき、私も嬉しかったし、自分も頑張りたいと思った。紫耀くんの言葉を聞いて悲しむこともあったけど、励まされたり、応援したいと思ったり、色々だったな。

紫耀くんは完璧ではなくて、こういうところは違うよなあ、とか思うこともあったし、でも紫耀くんを尊敬することもたくさんありました。そういう風に紫耀くんを客観的に見れたことも良かったなと思う。

あれなんの話だろう。

とにかくジュニア時代の紫耀くんは色々あって悲しいことも嬉しいこともたくさんあった。紫耀くんの色々な部分に気付いた。でもいつも紫耀くんは上を見ていてプロ意識がすごい紫耀くんについていけばきっと大丈夫って確信してたから紫耀くんについてきた。

そして掴み取ったデビュー。紫耀くんがデビューしたかったと聞いたとき、初めて紫耀くんと同じ気持ちでいられた気がして嬉しかったな。紫耀くんも私たちもみんなが望んでいたデビューに辿り着けたんだと思ったら嬉しかった。

毎日いつデビューするんだろうって考える日々は少ししんどいときもあったけど、夢を見れることは素敵だと思ったし、夢を見させてくれた紫耀くんには感謝したいし、夢を叶えた紫耀くんを見ることができてやっぱり幸せです。

たくさん悲しいこととか嬉しいことがあったけどきっとどれもジュニア時代にしか味わえないものばっかりで、色々なことを経て紫耀くんもわたしたちも強くなって成長できたんだろうなあと思います。やっぱりジュニアとしての日々はとっても大切でかけがえのない時間だったと思う。

関西ジャニーズJr.として、Kin Kanとして、なにきんとしての日々。Mr.King vs Mr.Princeとして、Mr.KINGとしての日々。どれも大切な時間だったなあ。

ジュニアとしての紫耀くんにさよならをするのは寂しいけど、たくさんの経験がこれからの紫耀くんを作っていくんだろうなと思うと、本当にこれからが楽しみです、

ここまでジュニア時代の話をまたつらつらしてしまったんだけど、デビュー日なのでデビューの話をします。

家にシンデレラガールのCDが5枚届き、初めてKing & PrinceのCDを手にして、自然と涙がこぼれました。そしてデビューを実感しました。本当にモノになったんだ。本当にデビューするんだな。

ずーーっと待ち望んでいたこのデビューシングル、やっと手にできた。感動しました。デビューシングルってすごいなあ。

シンデレラガールは彼らにとっても私たちにとっても大切な曲になっていくんだろうなと思う。今から大好きな曲です。

 

これからKing & Princeにキラキラした未来が待っていますように。願いを込めて。

f:id:misaking129:20180523233605j:image

SWEET GARDENに行ってきました👑

5月16日にオープンしたKing & Princeのスペシャルストア King & Prince SWEET GARDEN に行ってきました!いよいよデビューする実感が湧いてきましたね。

 

まずこのショップのコンセプトが面白い。

王様&王子様とファン「夢をつなぐ」秘密の宮殿へようこそ!

さすがKing & Princeという名前だけあるなあ。設定までキラキラしてるなあ。

原宿にて期間限定で5月16日から8月31日までオープン。(水曜日は定休日)営業時間は10:00〜20:00。

ポイントは完全入場予約制というところだと思います。やっぱり王様&王子様までになると、庶民は簡単には宮殿に入れさせてもらえない。完全入場予約制だし、抽選だから当たらないと入らせてもらえないし。さすがである。

入場料は無料だからまだよかった。入場だけでお金取られるとかキンプリなら無くない。

 

外観もとっても可愛いです。キラキラしてる。原宿っぽいし、ジュニア担が好きそう。

f:id:misaking129:20180521143219j:image

f:id:misaking129:20180521143255j:image

f:id:misaking129:20180521143306j:image

私は予定があって集合時間直前に着いたので特に待たされることもなくすぐに中に入ることができました。「King & Prince SWEET GARDEN」って書いてある門を通って入場時間まで外の通路で待機します。その際、モニターで商品の紹介やキャラクターの動画を見ることができます。待ち時間も楽しめる仕掛けがたくさん。

動画でもあったように、壁に書いてある王冠に合わせて1枚だけ写真を撮ることができるようです。私は今回は1人で行ったので写真は撮りませんでした。写真を撮らない人は入場する列の1番前で待たせてもらうことができました。

入場時間になると2階へ行き、まず1つめの部屋に入ります。動画でもみんなが見ていた写真撮影のコーナーです。メンバーの写真が1人3枚ずつくらいあり、いかにも王様&王子様という感じでした。額縁を持っている写真です。表情もとっても素敵でした!みんなかっこいい。ちなみにこのメンバーの写真は撮影禁止です。

同じ部屋の中にある撮影スポットで額縁を持って1枚だけ写真撮影をすることができます。紫耀くんとじんくんがポーズをして撮っていたものです。

2つめの部屋には商品展示がされています。この部屋で展示されているグッズを見ながら何を買うか決めます。オシャレな感じでグッズが飾られていて色々欲しくなってしまい、買う予定では無かったものも付け加えてしまいました。アプリで自分が買いたいグッズを選択してバーコードを表示させます。

その部屋にみんなの直筆サインのポスターも飾ってあります。紫耀くん廉ちゃんは相変わらずの字の汚さが愛おしい。あの顔面で小学生レベルの字の汚さって可愛いすぎない?

紫耀くんはサインっぽい?字で「紫耀」って書いてあったけど、ただ汚いだけだよあれは(笑)あと枠の中にコメント書いてあるんだけど、書くことが無くなっちゃったみたいで「あまっちゃった!ごめん!」的なことが書いてあって紫耀くんらしいな〜と思いました。

じんくん玄樹くんは英語で書いてあって本物のサインっぽかった。じんくん練習したでしょ?(煽り)岸くんは「岸優太」って2パターンかいてあって下に「which? do you like?」的なことが書いてありました。どっちのサインが良い?ってことだと思う(笑)総じてキンプリは不思議ちゃんが多すぎてしんどいな!?

グッズを選択した後に出てくるバーコードをピッてかざして番号が呼ばれるまで、衣装展示コーナーにいることができます。ここは撮影OKのエリアです。メンバーが実際に着ていた衣装をかなり近くで見ることができて写真を撮ることができます。お触りは禁止。

f:id:misaking129:20180521145704j:image

初めの方に行くことができたのでかなり綺麗に撮ることができました。この部屋ではずっとシンデレラガールが流れていました。

f:id:misaking129:20180521145756j:image

f:id:misaking129:20180521145845j:image

f:id:misaking129:20180521145904j:image

f:id:misaking129:20180521150122j:imagef:id:misaking129:20180521150144j:image

全員分撮ったけどここでは紫耀くんの分だけにしたいと思います。靴の形とか意外とみんな違うのとかも可愛いかった。

 

グッズについては種類が多すぎる。

・ポスター(集合1種、個人6種)各¥700

・クリアファイル(個人6種)各¥600

・アクリルジオラマ(個人6種)各¥1,000

・缶バッジ(個人6種)各¥500

・ボックスティッシュ(個人6種)各¥500

・PVCキーホルダー(個人6種)各¥800

スマホチャーム(個人6種)各¥1,800

・シュシュ(個人6種)各¥1,000

・トートバッグ(2種)各¥2,000

・ポーチ ¥1,800

・マントタオル(個人6種)各¥3,000

・ハンドタオル ¥800

・ミラー ¥2,000

・キーホルダー ¥900

・ロゼット ¥1,200

・ワッペンシール ¥2,000

・ファイルBOX ¥1,000

・ボールペン ¥900

・デコシール ¥500

・ミニ付箋セット ¥700

・レターセット ¥800

こーんなに!盛りだくさん!さすが1つショップを建てただけあるなあ、という感じですね。全部買ったらいくらになるんだろう。恐ろしすぎる。

私は、自分に必要ないなって思ってるものは買わないと決めているので、割と今回は買わなかった方だと思います。

f:id:misaking129:20180522165819j:image

・クリアファイル(平野、永瀬)

・アクリルジオラマ(平野)

・缶バッジ(平野)

スマホチャーム(平野)

・PVCキーホルダー(平野、永瀬)

・ポーチ

のみです!これでも7900円( ;  ; )かなり絞ったつもりだったけど高くつきますね。就活中であまりバイトができていない私にとってはかなりイタい出費です。でも可愛かったからたくさん買ってしまった!

私は平野さん推しなので紫耀くんのだけにしようって思ってたんだけど、結局れんちゃんのものも買わずにはいられませんでした。

ポスターって昔はよく買ってたけど結局家に丸まって置いてあるだけになってしまうので、いつからかポスターって買わなくなりました。部屋とかに綺麗にたくさん飾ってる人羨ましい。私あそこまで綺麗に飾れる自信ない。全部丸まって置いてあるだけ。

ファイルはいつも買ってるなあ。ライブとかあるたびに買ってる気がする。でもこれも溜まってくだけなんですよね。でもポスターよりは家にあったら目にする機会が多いし、素人でも綺麗に保存できるから買ってる。2つ買ったら1つ使ったりもするけど、基本的には使わないからただ立てかけてあるだけになる。紫耀くんのはもちろんなんだけど、今回れんちゃんのクリアファイルも買ってしまいました!商品展示スペースでれんちゃんのクリアファイルのお顔を見たときの衝撃が凄かった。あの綺麗なお顔を見たら買わずにはいられなかったです。さすが顔面国宝。やられた。買わされた。

アクリルジオラマはめちゃくちゃ可愛いですよね!たしかに何に使うの?って感じなんですけど。ただただ6人のをくっつけて並べたい欲がすごい。さすがに6人分買えなかったので紫耀くんのだけ買いました。次行くときにれんちゃんのも買い足そうかな〜。何かあるたびに持って行って写真撮ろうとか妄想を膨らませています。

缶バッジは完全にコンサート行く時のバッグにつける用。コンサートのバッグに付けられるものだったら必要ないものでも買っていいっていうのが私のラインなんですよね。

スマホチャームもそれ用です。ライブ行くときバッグに付けたいシリーズ。でもスマホチャームは普通に可愛いかったな!スマホに付けるにしては大きすぎる気がした。

トートバッグとポーチは可愛いな!と思ったけど、金欠のためポーチだけにしました。次回買い足そうかな!

PVCキーホルダーは気付いたらしょうれんの買ってたけど、あのキャラクターはそんなに可愛いとは思ってないです(笑)でもみんなが動画であのPVCキーホルダーで遊んでるのを見たらさすがに買わずにはいられなかったです。紫耀くんのだけで良いと思ったんだけど、1人だと可哀想だしなあとかいうよく分からない理由でれんちゃんもセットで買ってしまいました。

f:id:misaking129:20180522170926j:image

前言撤回。やっぱり可愛い。

 

グッズの話はこんな感じですかね。やっぱり完全入場予約制っていうのは良いな!と思いました。混み混みじゃないからゆったり回れるし写真も気が済むまで撮ることができたので満足です。

撮影コーナーがいくつかあって、1人だとやっぱり寂しいなーと思ったので、お友達と行くのがやっぱり良いと思いました!わたしも次回は撮影コーナーでたくさん写真撮って楽しみたいと思います。

デビュー前からこんなにたくさんグッズを用意してもらえて手に入れることができて本当に幸せだな〜。お店もものすごく可愛いかったし、お金かけてもらってる感がすごい。

King & Princeのこれからに期待ですね!いよいよ明日はデビュー日!みんなでお祝いしましょう!

髙橋海人19歳

皆さんいかがお過ごしでしょうか。私は実は今、絶賛就活中でして、説明会に行ったりESをせっせと書いたりしながら、合間にhoneyを観に行ったりと、就活とオタクライフを両立してなんとか生きています。就活されていたオタクの先輩方めちゃくちゃ尊敬するし、今後就活する方はとりあえず今を楽しめばいいし、同志の皆さんは共に頑張りましょう。

ところで本日4月3日は髙橋海人くんの19歳のお誕生日です!おめでとうございます!

カイちゃんも高校卒業したのか〜!あっという間だな〜!なんかすっかり大人っぽくなっちゃってさ!カイちゃんのギャップにやられてばかりです…。

私がカイちゃんを初めて見たのはやっぱり少クラだったと思うけど、その頃私は関西ばっかり見てたし、関西を異常に贔屓して、東京の子達は見もせずに毛嫌いしてたころだったから、カイちゃんのことも正直最初は全然好きじゃなかったです。声高いしそんなに顔も好みではなかったので、なんで突然出てきてこんなに推されてるの?ってずっと疑問でした。

しょうれんが東京に来てカイちゃんと組むことになって、まず関西を離れてしまったことだけでも悲しかったし、カイちゃんと2人がグループを組むことに対して私は全く反対で、全然納得したなかったです。

最近よく雑誌で見かけるけど、カイちゃん自身もしょうれんと組むことに対して躊躇してただろうし、たくさん批判もされたりして自分で良いのかなって自己嫌悪に陥ることも少なくなかったと思います。私もその内の1人だったから今思うと本当に申し訳ないな…。

でも少し時間はかかったけど、Mr.KING3人を見てるうちにどんどんカイちゃんが愛おしく思えてきて、大好きになってしまいました。今はMr.KINGにカイちゃんがいて良かったとしか思ってないよ。

カイちゃんはグループ愛やメンバー愛が誰よりも強いんだなっていうのがヒシヒシ伝わってくるし、ちゃんと大好き!って言葉にしてくれるからカイちゃんの言葉を見たり聞いたりして救われることも何度もありました。きっと紫耀くん、廉ちゃんもそうだと思います。しょうれんがあんまり話してなかった時期とかも2人を繋いでたのはやっぱりカイちゃんだったと思うし、カイちゃんが「紫耀と廉と一緒でよかった!」って言ってくれるたびに、私たちファンも、紫耀くん、廉ちゃんも改めてやっぱりMr.KING3人で良いんだなって思えてた気がします。カイちゃんは本当にファンのこともグループのこともメンバーのことも誰よりも考えてるし誰よりも愛してくれてるから、カイちゃんの言葉を聞いて救われる部分が多かったし、カイちゃんの言葉がすごく響いてたと思います。カイちゃんの言葉は魔法の言葉だな〜!

そしてカイちゃんの笑顔とか笑い声も本当に周りを巻き込んじゃうものだなって思ってます。カイちゃんは端っこにいることが多いからたまにテレビで見切れてることもあるけど、いつもカイちゃんの笑い声が聞こえて、なんかつられて笑っちゃうし、カイちゃんはいつも笑顔で、誰かがスベりそうになったりしたときもいつも大きな声で笑ってくれるから、それを見てるとすごくほっこりする。なんだかんだあのほっこりしたムードを作ってくれてるのはカイちゃんなんじゃないかな〜って思います。カイちゃんの笑顔とか笑い声も魔法だね!

あとは、末っ子で甘えん坊ってキャラしてるくせに、自分のスキルとかはちゃんと磨いて先輩たちに負けないように頑張るところ、全然甘えん坊じゃないし、ちゃんとしがみつこうとしてる姿、本当に頼もしいです。末っ子ってやっぱり甘えちゃうと思うんだけど、ちゃんと自分のできるところとか自分の得意なところは伸ばしていくんですよね。ダンスはもちろんだし、絵とかも!そういうところに負けないぞって強い気持ちを感じていてとっても男らしくて好きです。

本当にカイちゃんがグループにいてよかったし、カイちゃんがいなかったらこのグループの雰囲気は全然違うものだったと思う!これからのカイちゃんの活躍に期待しています!

f:id:misaking129:20180406142440j:image

19歳おめでとう!

Jr.大賞2018 大橋和也まとめ

実は去年、関西ジャニーズJr.の結果もまとめていたのですが、今年は大橋和也くんがランクインしたもののみまとめておきたいと思います。

 

あなたが選ぶJr.大賞(2018)

◎大食いそう 2位(3位)

相変わらず大食いそうランキングにランクインしている大橋くん。安定ですね。可愛いなあ。今年は1つ順位も上がっていました〜!1位が慎ちゃんで実はこの2人信じられないけど同い年コンビなんですね〜!慎ちゃんはお肉とかたくさん食べそうな肉食タイプだけど、大橋くんはプリンとか甘いものをたくさん食べてそうな甘党タイプで真逆すぎて可愛い。これからもたくさん食べてください。

◎「好きやで」って言われたい 5位(関西Jr.限定部門)

「好きやで」って言葉がめちゃくちゃ似合う男。しかも「好きやで…」じゃなくて「好きやでっ♡」ですね。しんどい。

 

〜昨年の結果〜(2017)

◎大食いそう 3位

◎スイーツ男子っぽい 4位

去年も2項目ランクインしていました!今年はスイーツ男子がなくなっちゃったけど、その分関西部門でランクインしていました。来年はもっとランクインしよーね!がんばるよー!

 

ジュニアが選ぶJr.大賞(2018)

こちらもまとめておきます。

◎いちばん美声 3位

1位が京本さん、2位がジェシー、3位が平野紫耀、岸優太、髙橋海人、大橋和也なんですよ……。どうしよう。これ去年はジュニアからも選ばれてなかったんですけど、きょもさんジェシーに続いてランクインしてるのやばいやん。平野紫耀さんと同率なんですよ……。投票したの誰。大橋くんの美声が……世に……バレる……。

◎大食いそう 2位

本物。

 

〜昨年の結果〜(2017)

◎彼女に尽くしそう 3位

◎オンとオフのギャップがありそう 4位

◎指がキレイそう 3位

◎スイーツ男子っぽい 3位

◎大食いそう 2位

◎女子力が高そう 4位

去年ジュニアが選んだ方は、大橋くんこんなにランクインしてたんだねー!ビックリ!去年も書いてたけど「彼女に尽くしそう」に大橋くんが入ってるのが意外すぎる。彼女に尽くしそうというより、構って構ってしてそう。ワンコ。

 

というわけで今年の分と去年の分をまとめさせてもらいました。うーん。今年もっと大橋くん入っても良かった気がする🤔去年は2つで今年も2つでそこは変わらないんだけど、今年は関西の部門が増えていたのでそこでもっとランクインしてほしかったなー!といっても彼は大阪要素があんまり無いですもんね(笑)やっぱりそういうところで強いのは丈くん。

今年は関西勢もよく頑張っていて、恋人にしたいランキングの5、6位を大西畑が独占する快挙!来年はもっと順位を上げてほしいし、そして20位までにランクインする子ももっと増えてほしいです!

大橋くん恋人にしたいランキング20位入りがんばろう!来年が楽しみです!

では。以上!

浮所飛貴くんのお誕生日です

浮所くん昨日だけど、お誕生日おめでとうございました。16歳!おめでとう!

f:id:misaking129:20180228003700j:image

浮所くんは最近よく言われてるけど、お顔とか声とかが紫耀くんに似てるところがあるのでB少年の中で勝手に推しにしています。

というわけで今回は浮所くんてどんな子かな〜っていう私の勝手な妄想を書かせていただきます。誕生日だから!すいませーん!私の浮所くんのイメージってこんな感じです。

浮所くんて彼女のこと絶対〇〇ちゃんって呼ぶし、多分告白する時は「〇〇ちゃん大好き!」ってポップな感じですると思うんですよ。

多分同い年の子たちからはすごくモテるし良く告白されてるんだけど「ごめんね〜!」って全部笑顔で返してる。で、浮所くんが片想いしてるのはおそらく先輩。だけどその先輩、優等生の那須くんがお気に入りなんですよね〜。勉強もできるし、運動もできるし、ちょっとみんなより大人っぽい那須くん。そんな那須くんに浮所くんはいつも嫉妬しているんですよ。「先輩いつも那須ばっかり!なんで僕には構ってくれないんですか!」って付いてきていつもうるさいな〜って思ってるんだけど、浮所くん可愛いから意地悪し続けちゃう。

付き合ったら付き合ったでやっぱり相変わらずちゃん付けだし、いつも甘えてくるし、女の子からチューしたら照れちゃうし、もっと男らしくなってよ…って思ったら、突然、押し倒してきて「〇〇」って呼び捨てにされたら、イチコロです。

こんな楽しい妄想をさせてくれる浮所くん!今年は高校2年生!ここからイケ化がどんどん進むはずです(はしみず参照)!彼の成長が楽しみで仕方ない。

 

浮所くんこれからも笑顔で浮所くんらしく!頑張ってください!以上!

f:id:misaking129:20180228004023j:image

Jr.大賞2018 平野紫耀まとめ

さて、今年もこの時期がやってきましたね!時が経つのは早いなあ。あれからもう1年経ったなんて信じられない。

Mr.KING、Prince、共に今年で最後のJr.大賞ですね。去年は今年が最後かな〜とか言ってたけど、この1年デビューの発表がなく、また投票の時期が来たなあとか思いながら投票していたんですけど。ついにデビューが決まりましたね!ということで残すところジュニア大賞もあと1回。去年散々今年が最後のJr.大賞になりますように!とか願っていた割に、実際今年が最後ですってなると寂しいものです。嬉しかったり寂しかったり複雑ですが目一杯楽しみましょう!というわけで、今年も結果をまとめていきたいと思います。

昨年はMr.KING全員の結果をまとめたのですが、今年はもうみんなランクインしすぎということでまとめる気力がないため、平野紫耀くんのみに絞ります。まとめてほしいとのご意見があればまとめます。では参りましょう!

 

あなたが選ぶJr.大賞

(  )内は昨年の順位、順位が上がったものは赤、下がったものは青で示しています。私の個人的なコメントもセットで失礼します。

◎恋人にしたい 3位(3位)

まずは目玉のこの項目。恋人にしたいランキング、悔しい!まず紫耀くんのコメントがこちらです。

いつも投票してくれて、ありがとうございます!安定の3位だね。

悔しいなあ!「安定の3位だね」っていう紫耀くんのコメントを見てより悔しさが増しました。紫耀くんは心の中で絶対悔しいって思ってるはずなのに、それを外に出さないのが紫耀くんらしいなあと。最後のジュニア大賞、紫耀くんに優秀の美を飾ってもらいたかったけど、安定の3位。気付いてみたら、もう3年間も彼は3位を貫いていたみたい。紫耀くんは絶対に1位を取れるポテンシャルがあるのに、なんで取れないんだろう…と毎年疑問を抱えながら最後のジュニア大賞を終えてしまいました。でも3位でい続ける簡単なことではないよね。私の中では紫耀くんがいつでもナンバーワンだったよ…!!

◎いちばん美声 5位(2位)

これ順位落ちたの意外すぎる。きょもさんが1位なのは納得として、紫耀くんは2位だろうよ!!でも紫耀くんの声って好き嫌い分かれるのかなあ?ハスキーボイスだからね。好きな人はめちゃくちゃ好きだし、すごく中毒になる声だと思うんだけど、苦手な人は苦手なのかな。

◎大食いそう 4位(2位)

紫耀くんめっちゃ食べそうだけど、実際その場面見たことあるわけじゃないから実際どうなんだろう?やっぱり慎ちゃんとか大橋くんとかの方がたくさん食べそうだよね。

◎いちばん美形 4位(3位)

同意。

◎友だちにしたい 4位(2位)

紫耀くん友達にしたい感覚があんまり分からないんですよね。紫耀くんって友達のイメージがあんまり無い。どっちかっていうとやっぱり廉ちゃんとか慎ちゃんとかゆうぴあたりが友達感ありますよね。

◎いちばんおもしろい 4位(4位)

これおもしろいっていうのは天然という観点からですよね。面白いことして!って言われてできるタイプの子ではなくて素で面白さを発揮するタイプ。

◎いいパパになりそう 3位(5位)

この順位が上がっているのも意外でした。確かに紫耀くんって子供の扱い絶対うまいし、パパになって子供を抱っこしている姿とか容易に想像できる。

◎結婚が早そう 3位(3位)

現実的に考えると、紫耀くんは大きな夢をいつでも抱いてそうだし、彼女よりお仕事優先しそうだし、結局良いところまでいって結婚しなさそう。

◎いちばんセクシー 3位(3位)

紫耀くんのセクシーなところは声と胸元です。

◎ダンスがカッコいい 3位(1位)

これー!!!紫耀くんのダンス大好きだから1位を死守してもらいたかった!!!でも上が美勇人さんとカイちゃんだったから完敗。おふたりは最強です…。カイちゃんが2位になってるの、なんだか可愛いイメージのあるカイちゃんのカッコいい部分が世に認められてきてる感じして嬉しいなあ。

◎オンとオフのギャップがありそう 3位(2位)

わかる!紫耀くんってスイッチのオンオフがしっかりしてそう。お仕事の時はちゃとスイッチ入れてそうですよね。お仕事する仲間がいつメンだからって仲良しこよししないよ!ってところからもよーく分かります。一方でオフの日はたくさん遊んでそうだし、お仕事の話とかあんまりしてなさそうだな〜と。

◎総理大臣になってほしい 2位(1位)

紫耀くんが総理大臣になったらとりあえず自分をお札に載せてください、とか言うんですかね。

◎料理が得意そう 2位(5位)

私は紫耀くんが料理をしているところをこの前のdexでほぼ初めて見たし、私のイメージでは彼はお肉を洗うような人なので(まいジャニ参照)料理が得意そうなイメージは無いです(笑)

◎いちばんワイルド 2位(2位)

いつメンの慎ちゃんと紫耀くんがワイルドランキング1位2位しんどい。

◎ケンカが強そう 2位(2位)

鬼瀬くんでまたこのイメージ強くなったはず。

◎キスしてみたい 1位(1位)

紫耀くんの唇は国宝級。何より私は紫耀くんの唇の弾力が好きです。触ったことないけど。でも分かる。彼の唇の弾力すごいよ。

◎運動神経がよさそう 1位(1位)

彼なにやらしてもできますからね。カニを取るのもお上手ですからね。私今度紫耀くんに鉄棒やらせたい。(謎の願望)

◎既読スルーしそう 1位(1位)

この項目妄想広がるんですよね。妄想させてください。高校時代、同じクラスの紫耀くんに片想いしてたんですけど、いつも優しくしてくれるんですよ。朝は必ずおはようって挨拶してくれるし、ちょっと髪型変えていくと可愛いって言ってくれたり、ちょいちょい期待させるようなことしてくるんですよ。だから今日はLINEしちゃおっかな!って調子乗ってLINE送るんですけどもう既読もつかずに何日も無視されるんですよ。もう忘れよ!って思うんだけど、やっぱり気になっちゃってまたトーク画面開くともう既読付いてて一生返ってこないんですよね。だから、ああ、私紫耀くんに嫌われたんだなって思って距離取ってみたりするんですけど、紫耀くんなんも考えてないから普通に心配してきて、どうしたん?とか聞いてくるから、LINEなんで無視するの?って言ったら、あっ!ごめん!返すの忘れてて…!って言われるから、なーんだ!って思って、何度も期待し直しちゃうんですよね。紫耀くん、罪。ハイ。最高。(コメント長い)

◎天然キャラっぽい 1位(1位)

間違いない。

◎いちばんいいコンビ 2位(2位)(紫耀廉)

しょうれんは私の中では圧倒的1位のシンメだよ。

コメント長すぎなところもありましたが、以上です。今年は紫耀くんは全49項目中(高校生以下、関西部門は抜いています)20項目ランクインしていました!3分の1以上のランクインすごいなー!

 

〜昨年の結果〜

昨年の結果も振り返って動向を見てみましょう。

◎恋人にしたい 3位

安定の3位でした。

◎いちばんおしゃれ 5位

今年は紫耀くん脱落してしまいました… 。

◎先輩からかわいがられてそう 5位

この項目は今年はありませんでした。

◎お兄さんにしたい 5位

これも脱落…。確かにお兄さんのイメージはあんまりないかな…?

◎料理が得意そう 5位

今年は2位でした!

◎モノマネが得意そう 5位

これも脱落…。確かにモノマネしてるのスティッチしか見たことないな。

◎いいパパになりそう 5位

今年は3位です!

◎彼女に尽くしそう 4位

んー!これも脱落。これ脱落したの悔しいですね!

◎いっしょに買い物したい 4位

この項目は無かったです。

◎いちばんおもしろい 4位

今年も4位です。

◎いちばん美形 3位 

1つ落ちて4位です。

◎結婚が早そう 3位

同じく3位です。

◎いちばんセクシー 3位

同じく3位。

◎いちばんワイルド 2位

今年も2位。

◎大食いそう 2位

今年は4位でした。

◎ケンカが強そう 2位

今年も2位です。

◎オンとオフのギャップがありそう 2位

今年は4位。

◎生徒会長になってほしい 2位

脱落していました。

◎友だちにしたい 2位

4位になっていました。

◎いちばん美形 2位

4位です。

◎後輩から頼りにされてそう 2位

この項目はありませんでした。

◎キスしてみたい 1位

2年連続1位です!!

◎天然キャラっぽい 1位

これも今年も1位!

◎既読スルーしそう 1位

同じく1位です。

◎総理大臣になってほしい 1位

2位になっていました。

◎いっしょに旅をしたい 1位

この項目は無くなりました。

◎運動神経がよさそう 1位

今年も1位。

◎夢の中で入れ替わりたい 1位

この項目は無くなりました。

◎ダンスがカッコいい 1位

今年は3位です。

◎いちばんいいコンビ 2位(平野永瀬) 、4位 (平野向井)

しょうれんは今年も2位でしたが、他にもたくさんのコンビが入ってきたため、しょうこじは脱落しました。

昨年は30項目ランクインしていたみたいです。なんとなく全体的に順位が下がっている印象です。去年は5位以内に入っていたものが今年は入っていなかったものもいくつかありました。後輩や他のジュニア達が個性を出せた1年だったんですかね?なら良かった!

そして紫耀くんお疲れさまでした!いつも楽しいジュニア大賞にしてくれてありがとう!

 

Jr.が選ぶJr.大賞

ではジュニアが選んだ大賞もまとめていきましょう!1位のものはジュニアからのコメントも掲載しています。

◎私のリア恋枠 6位

◎いちばんいいコンビ 3位(紫耀廉)

◎いちばん美形 3位

◎いちばん美声 3位

◎恋人にしたい 3位

◎友だちにしたい 2位

◎総理大臣になってほしい 2位

◎キスしてみたい 2位

周りのジュニアからもキスしたいと思われる紫耀くんやばくないですか……。キャラ的に。1位は玄樹くんだったんですけど、やっぱり可愛いキャラだしそう思われるのも分かるんだけど、やっぱり2位が紫耀くんなのやばい。どうしよう。選んだの誰。

◎運動神経がよさそう 1位

「筋肉量がちがう。どんな競技でも上位にいけるポテンシャルを感じる」(諸星翔希)

◎大食いそう 4位

◎天然キャラっぽい 1位
「テレビ見てても天然っぽさがいっぱい。スッと名前を書きました(笑)」(嶋崎斗亜)

 

〜昨年の結果〜

◎彼女に尽くしそう 5位

◎いっしょに買い物したい 4位

◎学校の先生になってほしい 4位

◎セレブっぽい 4位

◎先輩からかわいがられてそう 4位

◎オンとオフのギャップがありそう 4位

◎ペットにしたい 3位

◎恋人にしたい 3位

◎結婚が早そう 3位

◎大食いそう 3位

◎ケンカが強そう 3位

◎キスしてみたい 3位

◎友だちにしたい 2位

◎いちばん美形 2位

◎総理大臣になってほしい 2位

◎天然キャラっぽい 1位 

◎既読スルーしそう 1位

◎いっしょに旅をしたい 1位

◎運動神経がよさそう 1位

◎夢の中で入れ替わりたい 1位

◎いちばんいいコンビ 3位(平野永瀬)

以上です!まとめ終わりです!楽しかったー!紫耀くんありがとうございました!そしてお疲れ様!

平野紫耀の天然生活vol.9

どうしよう、今書きたいことがすごくたくさんあるんですけど、とりあえず紫耀くんの話からにしたいと思います。

みなさん、読みましたか?ポポロの紫耀くんの連載。そう、連載の題名と内容が不一致すぎ、と有名なあの「平野紫耀の天然生活」この連載も勝手にvol.3くらいで終わるのかな〜と思ってたんですけどもうvol.9みたいですね。あっという間だー!

今回は、読みながら号泣してしまいました。最近涙腺ゆるいのかなあ、すぐ泣くなあ。

まあ私が泣いたことなんてどうでも良いんですけど、本当内容すごいのでまだ読んでない方は是非ポポロをご購入頂きたい。まず自分の目で読んでからこの記事を読むことをお勧めする。おそらく紫耀くんの担当さんだったら99.9%泣くと思うので、立ち読みはせずに、買って帰って、家で一人の時に読むのをお勧めします。なんで泣いたのか良く分からないんですけど、とにかく涙がボロッボロ出ます。

では早速内容にレッツゴー。まず、このような文章から始ります。

1月17日、King & PrinceのCDデビュー決定が発表されるや、喜びと祝福の声が溢れた。が、翌日のスポーツ紙に、平野が社長にデビューを願い出たという記事が出ると、驚きと複雑な想いを訴えるファンの声が続出。周囲の喧騒をよそに、いつも通り冷静な平野に、コトの真相を聞いてみた。

こんなことってある?デビューだよ。ジュニアだったら誰もが望む夢のデビューだよ。それについて話すのにこんな悲しい始まり方ありますか。別にポポロさんを責めているわけじゃない。そんな訳ない。むしろ紫耀くんの声を聞かせてくれる場を作って頂きありがとうございます、って感じなんだけどさ。

じゃあどうやって始めれば良いかと聞かれれば「デビュー決まってどうですか?」とかそんなどこでも聞かれるようなことは聞いて欲しくないし、ここではこういう深いことが聞きたいわけなんだけど、でもなんだろう。デビューっていう夢が叶ったのにこの悲しい文章の始まり方って無いな…と。

でも正直これが現実。キンプリのデビューに対して批判があったのは事実だし、今回のデビューが嬉しくないという方もたくさんいたと思います。そもそもこの事実が悲しい。デビューが喜ばれない。もちろんデビューする時に光と陰があることはこれまでも色々見てきて分かっています。悲しい思いをする子もいるってことです。

でも今回の場合はおそらく少し違くて。きっと紫耀くんのことを応援している人にも一定数(むしろ多数か)今回のデビューを嬉しく思っていないファンがいました。それはもちろん紫耀くんにとっても辛いことなんだろうなと思う。仕方ないことだけれど。こういうことがあったからこそのこの文章の始まり方ですよね。

ここで言われているデビュー発表翌日のスポーツ紙というのがこれですね。

f:id:misaking129:20180221035301j:image

私はどちらかというと、この新聞を読んだときは嬉しく思いました。嬉しくって言ったらおかしいかもしれないんですけど。

正直デビューは嬉しかったけど、みんなが言っているように、なにきんを思って切なくなったりもしていて。複雑でした。そんな中でこの記事を読んで、紫耀くんがデビューの先陣を切っていたこと、自分が主犯だと言ったということ、なにより紫耀くんがデビューしたいという想いがあったことに驚いたし、嬉しかった。紫耀くんは自分の思いをあまり口に出してくれる人ではないから、デビューしたいという言葉もあまり発していませんでした。だから紫耀くんがデビューしたいと思っていたことを知れて単純に嬉しかったです。やっぱり誰しもジュニア担なら、自担にデビューしてほしいし、デビューしたいって本人からの想いを聞くと、嬉しいし応援するぞってなる気がする。遅かったけど、教えてくれてありがとうと思った。間違ってなかったなーと。そして、紫耀くんが望んでいたことなら、やっぱり叶って良かった!と改めてデビューを喜ぶことができました。だから、私はこのスポーツ紙を読んで嬉しかったんです。

だけどここに書かれているのは、ファンから驚きと複雑な声があったということ。分かっています。やっぱりこの記事が出た時も相変わらず、紫耀くんは関西を捨てたとか言われていたし、紫耀くんが先陣を切っていたことに幻滅したという人もたくさん見ました。でもやっぱりその声だけがピックアップされて紫耀くんに伝えられていることがどうしても悔しかった。私は紫耀くんがデビューしたいって想いを知れて嬉しかったのに、と思いました。

「周囲の喧騒をよそに、いつも通り冷静な平野」この周囲の喧騒っていうのもなんだか気に食わないというか、そんなに悪い声ばかりじゃないぞと言いたいけど。もう私喧騒の意味わざわざ調べたもんね。「喧騒:さわがしいこと。やかましく騒ぐ声や音。」らしい。でもネガティブなことを言う時に基本的に使うらしい(だからなに)。ネガティブな雰囲気が紫耀くんの周りにあったなんて…そんなことないから!嬉しかったよ!私は!

とりあえず先に進むよ。それでも冷静な紫耀くん。さすがだな、やっぱり紫耀くんはいつまでも紫耀くんだ。ものすごっくびっくりするくらい図太い芯が彼の中には通ってる気がしてます、そんな感じ。周りの言ってることなんて気にしないぞ感凄いよね。

 

そして紫耀くん。

記事では、去年の8月に6人で同じ舞台に立って気持ちの変化があった、となっていますが、デビューについては、そのときに突然思いついたり、気持ちが変化したりしたわけでもなくて、わりと前々からずっと頭にありました。

これはすごく理解できる。もちろんあのキントレで久しぶりに6人でステージに立ってあの瞬間にデビューしたい!って突然なったとは思ってないし、彼らに前々からずっとデビューしたい思いがあったんじゃないかな、というのは分かってたよ。紫耀くんの口からその言葉を直接聞くことはなかったけど、でもそれはファンもみんな分かってたと思う。

僕らもハタチを過ぎて、お遊びでやっているわけではなく、きちんとした仕事として真剣に活動している。ジャニーズJr.というと、どこかまだ、他の道も残されているような、一般社会でいうと、なんだろう、アルバイトのような感覚にみられているかもしれないけど、僕は、ひとつのお仕事としてまっとうすべく、突き進んできたわけで。そういう意味でも、覚悟を決めて、安心した状態でお仕事をしたい。そういう思いはずっと抱えていたんです。

やっぱり紫耀くんはすごいと思う。すごいしか言えない自分が情けないくらい。紫耀くんはバカだのアホだの言われているけどそれは勉強面での話で、生きていく上では本当に賢い人だと思う。他の子達もジュニアをお遊び感覚でやっているような子はいないと思うけど、ここまでちゃんと考えて、しっかりお仕事として、もうこれ一本でやっていくぞっていう覚悟決めてジュニアやってる子ってそういないんじゃない?自分の人生のことをしっかり考えているなあと思うし、「アイドルはお仕事である」という大前提が紫耀くんの中にはあるんだなと思います。「アイドルって人に笑顔を与えること」とかそういうことを言う人もいると思うけど、紫耀くんにとってアイドルとは「お仕事」でありそれ以上でもそれ以下でもないんだと思う。なんでこんな考え方をしているのか考え始めたら色々出てきそうだけど、そこまで考えると今回の記事が終わらなさそうなので、ここはこの辺で終わりにします。でも、紫耀くんは誰よりもアイドルをお仕事として真面目に取り組んでいるのが伝わります。

さて、次。これはインタビュアーさん(?)の言葉かな。

8月の公演で同じ舞台に立ち、改めて気持ちを固めた6人。9月に2回の食事会を設け、話し合いを重ねる。そして、ほかの大人にはいっさい相談せず、平野が先陣をきり、社長に素直な思いを吐き出したそうだ。

紫耀くん。

ジャニーさんに意見を言うというよりは、相談に行った感じです。たまには自分の気持ちを伝えたほうがいいんじゃないかと思って……。僕らの親みたいな方ですからね。直訴って言うと、なんか決断を迫ったみたいに聞こえるけど、むしろ逆で、気持ちを素直に伝えたかっただけです。

これにはなるほど……って感じです。これを読んで思ったのは、メディアって怖いなってこと。正直やっぱり直訴って書かれちゃうと、どっちかっていうと、抗議しに行ったみたいなイメージを持ってしまっていて、紫耀くんが言っているみたいに、決断を迫ったって感じしてた。無意識に「直訴」って言葉の持つイメージとかに惑わされていた気がする。実際、本当のところは本人の口から話されたものを見なければわからなくて、テレビとか新聞とかを信じ切ってしまう自分が怖い。新聞なんて余計にね。

だからこの連載読んで初めてどんな感じでお話ししたのか少しだけイメージが変わったかな。「デビューさせてください!」みたいなことを想像してたけど、もっとゆるーい感じだったんだね。「直訴」っていうのと「親に気持ち伝える」ってイメージ全然違くないですか。怖。

ファンを驚かせたことのひとつは、平野がデビューに対してこれほどまでに強い気持ちを持っていた、ということ。この連載を振り返っても、デビューに関しては、わりと静観しているようにみえたから。

これには同意でした。紫耀くんは今でもそうだけど、過去とか未来を見る人じゃないし、今目の前にあるお仕事を一生懸命全力でこなす人だから、デビューという夢に向かって、とかそういう意識はないのかなと思っていました。だから辛かった。やっぱりデビューしたいって夢を描いてほしいし、ファンとしてはそれを伝えてほしかった。

それに対する紫耀くんの受け答え。

なにがなんでもデビュー!ということではなかったんですけど…。いや、もちろんしたかったですよ。僕が相談しに行ったので、僕だけがデビューにこだわっていたように報道されましたけど、もちろんみんなで話し合って決めた結果です。もともと、また6人に戻りたいねっていう話はみんなでしていたんです。ただ、話し合いのなかでは、徐々にそういうふうにしていったほうがいいんじゃないかという意見もありました。けど、それだといつになるかわからないし、実現する保証もない。それなら、いまの素直な気持ちを伝えたほうが気持ちいいなって。ジャニーさんにもストレートに僕らの想いが伝わりますしね!

ここでまたメディアの怖さを感じました。紫耀くんたちの実際の言動とかってメディアを通すと、私たちに100%そのままちゃんと伝わることって絶対ないんだなと思います。悲しいけど、そういうものなんですよね。だからメディアを信じきったらダメなんだな…。

「徐々にそういうふうにしていったほうがいいんじゃないかっていう意見もあった」とあって、おそらくこれは岸くんと廉ちゃんのことだと思うんだけど、まだ2人の意見をちゃんと聞けたことがないから、2人がこの話し合いをした時どういう想いだったのか素直な感情を知りたいなあ、と思います。私たちから見ればキンプリはもうデビューできるでしょ?って感じだったと思うし、廉ちゃんたちがなんでまだだなって思ったというのか知りたい。

これはジュニア界の話だけではないけど、やっぱり現状を変えられるのって行動する人だし、自分の思いをしっかり人に伝える人だなというのは日頃から思っているので、紫耀くんが伝えなきゃいけないと思ったことは間違いじゃないし、そういう姿勢がさすがです。私は紫耀くんはジュニア全体を変えてくれた人だと思っているし、これからジャニーズ全体を変えてくれる人だと思っています。

続きです。

物事の白黒をはっきりつけたい、平野のまっすぐな性格がにじみ出ているこのエピソードには、「うじうじと悩んでいるの、イヤなんですよね、僕。ムリなんです」と笑う。では、なぜこの6人だったのか。ソロデビューは考えなかったのだろうか。

ソ、ソ、ソロデビュー??そんな噂あったの?まさかソロデビューという言葉が出るとは驚きました。

でも山下くんを尊敬してる先輩にあげる紫耀くんのことだし、いつかはソロ活動始めたりするのかな、とまだデビューもしてないのに考えてしまっています。紫耀くんの言葉を読んでいると自然とそんな気がしてきます。

これに対して紫耀くん。

それはまったく考えなかったです。Mr.KINGの一員として、グループに入っている以上、デビューに関しては僕だけの問題じゃない。みんなの思いもあるし、みんなの夢もある。活動自体は、とても充実していて、デビュー前とは思えないぐらい恵まれていたなはわかっています。でも、ほかのメンバーも含めて、僕らの本当の夢は何だったかなと考えてみると、それはやっぱり、デビューして、それぞれ目標の先輩のような存在になること。僕も、もともとは、山下くんに憧れてこの世界に飛び込みましたから。デビューして、有名になって、より多くのファンの方を喜ばせて……って、それが僕の夢。そういう意味で、改めて初心に帰ったら見えてきたのが、今回のデビューだったという感じかもしれない。

デビューしたいという動機はどうだったであれ、紫耀くんがデビューしたい思いをこうやって語ってくれたのは嬉しいです。でももどかしいなあ。紫耀くんは、私たちが求めている言葉はくれないんですよね…。きっとみんながここで求めていたのって「Mr.KINGとして活動してきたから、廉と海人と一緒にデビューしたかった」とかそういうことなんだろうし、きっと廉ちゃんとカイちゃんだったらそれに似た言葉をくれて私たちを喜ばせてくれるんだと思う。それが良いか悪いかは別として、紫耀くんは絶対に仲良しこよしみたいなことは言わない。寂しいなあ。でもそれが紫耀くんのスタイル。そしてそんなストイックな紫耀くんを奮い立たせている山下くんの存在って凄いですよね、さすが神。

それに、大きい会場でたくさんのファンの方を喜ばせたいということも僕らの夢のひとつでしたから、そうすると、ひとりよりも3人のほうがいいし、3人よりも6人のほうがいい。6人が仲よくてやりやすいから、ということじゃなく、遠い将来のことも含めて、安心して長続きできるようなグループ、と考えたら、みんな、この6人だと確信したんです

ここに紫耀くんの思いが詰まっていると感じました。キンプリでデビューすると予想していた人がいるのに対して、なんでキンプリなの?と思う人もたくさんいました。なにきんの話もあるし、Mr.KINGとしてデビューしてほしいと思っていた人もたくさんいると思います。そんな中でKing & Princeとして6人でデビューしたことを良く思ってない人から、じんくんや玄樹くんと仲が良いから?とかいう声が上がっていたけれど、もちろんそうではなくて。紫耀くんにもともと上を目指したいという思いが強くあって、その上でどうしたら上に行けるか考えた時に結果6人だったってことなんだろうな。私もMr.KINGよりキンプリとして6人で活動したほうが絶対売れるって思ったし、6人のほうがもっと大きいグループになれると思っています。だからそんな大きな目標を掲げる紫耀くんにとってこの決断は絶対間違ってない。

と、メンバーに絶対的な信頼を寄せる。とはいえ、ジャニーズJr.の中心的存在として活躍した彼は、デビュー後もKing & Princeのセンターとしてより一層注目を集めるであろう。自分ばかりが注目される状況を、本人はどう考えているのだろう。

この質問すごくないですか。誰もが感じてたことだとは思う。紫耀くんは長らくジャニーズJr.のセンターを張ってきたしエースだった。今も連ドラが決まっていたり、主演映画が2本決まっていたり、紫耀くんだけがフィーチャーされている現状はデビュー後も変わらない気がしています。紫耀くんだけ………って思う人もたくさんいると思います。紫耀くんが掴み取ったものだから、紫耀くんの力だと思っているけど。でもその質問を本人にぶつけるって意地悪だし、でもその答えを聞いてみたくもある。

確かにJr.の代表、みたいに言ってくださる方もいましたし、ステージ上に立つ以上は、自分もそういう意識と責任を持って、胸を張ってやらなきゃいけいと思っています。けど、ステージ以外ではそんなふうには考えていないですよ。僕よりもできる方は全然いますし、正直、ペーペーの立場だと思ってます。そもそも、自分ばかりが注目されるという場面に遭遇したことがないというか、そういうことすら考えているヒマがないかなぁ?いまはぜんぶ必死にやることしか頭にないから。目の前の仕事をひとつひとつ丁寧にやる。Jr.の代表とかKing & Princeのセンターとか意識する時間があったら、もっとほかにやらなきゃいけないことがあるぞって感じです。でも、今回、最終的には僕が言ってデビューが決まったからには、しっかりやらないとな、というのは強く感じています。

もう紫耀くんの仕事に対するスタンスって本当ブレない。紫耀くんにとって一番大事なのはなによりも今目の前にあるお仕事で、今自分に与えられている仕事なんですね。すごいなあ、センターとか代表とか考えてる暇あったら他のことやらなきゃって、もう本当プロじゃん。オリンピック選手並みじゃん。プレッシャーとか感じる暇があったら練習!みたいな。ジュニアでここまで背負っている紫耀くんが怖いし、さすがだとも思います。

最後に自分がデビューしたいと言ったからしっかりやらないとな、と言っています。またこれからも感じなくていい責任を負ってしまうのかなと思うと心配です。自分が言ったんだからしっかりやらなきゃ!ってそんな背負わなくていいのに、無理に背負いこんでしまうのが紫耀くんでもあります。難しいな。

紫耀くんがそう言ってくれることで、紫耀くんがいなくなってしまいそうとかそういう不安が少し掻き消される部分もあるんだけど、もうめちゃくちゃ複雑です……。

素直に言うと、私はいつか紫耀くんが一人でどこかへ行ってしまうんじゃないかなという気持ちがあります。いつかデビューして大きくなって、紫耀くんがもっと上を、違う世界を見たいって思ったときにもしかしたらソロ活動、そして不謹慎だとは思うんですけど、いつかは脱退なんてことも無くはないと思っています。これは色々なグループを見てきて、心の準備じゃないけど、いつもそういう可能性があることを忘れないようにしようと思っているからだと思います。ジュニア担が、いつ自担が辞めるか分からないというのを心に留めておくように。そういう可能性が紫耀くんには誰よりも感じられるからこそ、自分がデビューしたいって言ったことでそこに責任というと悪く聞こえるけど、でもその言葉に責任を持ってこれからやっていきますって言ってくれるのは、嬉しいです。

でも一方でそのことで紫耀くんが縛られてほしくないなとも思います。紫耀くんは紫耀くんが思うようにしてほしいし、紫耀くんが願うことなら応援したいと思うので、そんな自分の言葉で、今後紫耀くんが本当にしたいことを制限してほしくないという気持ちがあります。んー、複雑ですね。もう何言ってるか分からなくなってきた。

次にいきましょう。

自分たちの将来を見据え、決断し、直訴。そして見事に、デビューという、人生の節目となる大きなできごとを勝ち取った平野。実は今までに、別の道を考えたことがなかったわけではないと、今回こっそりと打ち明けてくれた。

別の道?え?別の道ですか?そんなのあった?

結局、自分の将来って、自分で決めるものだと思うんです。誰かが決めるわけでもなく、なにかに流されるわけでもなく。もともと関西Jr.としていろいろなことを体験させてもらって、いい仲間にも巡り会えて、上京してからは、Mr.KINGとしても個人としても、幅広いお仕事に恵まれました。そのすべてがあったからこその、“いま”だし、今回のデビューにもつながった。だから、関西時代の仲間も含めて、みんなに感謝しているんです。

分かる。分かるっていうか、今までこうやって私は言い聞かせてきました。やっぱり、なにきんが好きだったし、なにきんでのデビューはリアルには想像してなかったけど、でもいつかはこのメンバーでデビューしてくれたら嬉しいなあ!って漠然と思っていたし、あの6人が一緒にいる空間が好きだったし、これからもこの空間が続いてほしいって思っていました。でも結局ああいうことになって、正直最初は悲しくて受け入れられませんでした。紫耀くんの言葉に泣いたりしたこともあった。私はその時にもう応援できないなって思ったし、もう見たくないとさえ思ったから一度彼らから離れました。でも結局は彼らが好きだったから戻ったし、色々なことを受け入れました。それでも好きでいさせてくれたのはやっぱり紫耀くんでした。紫耀くんと一緒に色々な世界を見たいって素直に思った。もう関西には戻らない、東京でやっていく、あのメンバーには戻らないんだって色々受け入れるときに、どうやって受け止めたかって、やっぱり今までの経験とか今までの仲間とか、いろいろなことがあってこそ今の紫耀くんがあるし、今の紫耀くんを支えてるって思うことで、なんとか受け入れていた気がします。というか言い聞かせてたのかな〜、多分。

でもやっぱりそういう意見が多かったからか分からないけど紫耀くんはそうだよとは言ってくれなかったし、紫耀くんの関西に対する思いをあんまり聞けないことが正直辛かったです。紫耀くんが言ってくれれば気持ちが晴れ晴れするというか、理解できるのになあと思っていました。だから今聞けて嬉しい。分かってたけど本人の口から聞けたことが嬉しいです。

昔の仲間を忘れちゃったの?って悲しむ関西のファンの方たちがいるかもしれないけど………。ちょっと冷たい言い方に聞こえたらごめんなさい、東京に出てきた時点で、もう関西には戻らない覚悟だったんですよね。だから、関西の仲間を忘れた、とか、東京での仲がいい仲間だからとかで決めたことじゃないんです。僕らなりに、いろいろ考えて出した答えなんです。

私これ紫耀くんに言わせたくなかったなー。もう分かりきってたことだし、紫耀くんが東京に来た時点でもう大阪に戻ることはないだろうなと思っていました。紫耀くんがしっかり覚悟を決めていたからこそ、そのことで私たちは紫耀くんの言動に戸惑ったし、廉ちゃんも紫耀くんに対してどう接していいか分からなくなったんじゃないかなと思っています。

この連載を読んで紫耀くんの素直な想いとか紫耀くん自身が発してくれる言葉をを知ることができるのは嬉しいなって思ったんですけど、これだけは聞きたくなかったなーって思いました。

紫耀くん自身もこれだけは言いたくなかったと思う。「冷たい言い方に聞こえたらごめんなさい」って言ってることからも分かると思うけど。関西に戻って来てほしいって思う人がたくさんいる中で、関西に戻る覚悟がなかったなんて言うのは、ファンを悲しませることにもなりかねないし、もしかしたらファン減るかもじゃん?でもデビュー決まって、色々な意見を持つ人がいて、その中で揉めたりしてるのとかも知ってんだろうな。だから、自分の思ってることを言わないでみんなの憶測で揉めたりするより、紫耀くんがはっきり自分はこう思ってます!って言った方がいいな、って思ったんだと思う。辛い、紫耀くんにそんな奥底の気持ちまで言わせたくないよ〜。それは心に留めておいていいんだよ。

私、めっちゃ話矛盾してんな。さっきまで紫耀くんの言葉聞けて嬉しい!とか言ってたのに、そこまで言わなくていいよとか。

とりあえず、分かってたことだから聞く必要なかったし、でも今でもこんなに色々なこと言うファンに対して、ばっさり自分の気持ちを言い切った紫耀くんは偉い。そう思いました。

最後は自分に言い聞かせるようにつぶやいた平野。新しい道を歩きはじめる彼を、応援し、見続けていきたい。

この連載読んで色々感じました。本当に色々。

まず思ったのは紫耀くんは他の子達とはだいぶ違う感覚を持ってるということ。彼の中に絶対的に「アイドル=お仕事」という感覚があると思います。だからファンのことはお客さんって思ってると思う。だから距離が遠い。心の距離が。嬉しい気持ちとか悲しい気持ちってやっぱり自担と共有したいし、できたら楽しいと思うんだけど、おそらく紫耀くんとはできないなと思いました。それって悲しいなあ。私、デビューした時くらいは泣いて一緒に喜べるかなって思ったんですけど、思ったより紫耀くんがデビューを達観して見ていてなんか多分そういうテンションじゃないんだろうなと思いました。(まあ、コンサートとかないと分からないけど。一緒に喜びたいなあ。)

あとは、紫耀くんは求めている言葉をくれない。これもアイドルをお仕事って思ってるってところに繋がるのかもしれないけど、私たちファンが求めているような言葉はくれない人だなーって思います。

なんかここまで書いてると紫耀くん応援するのどうなの??って思うかもしれないんですけど、まあ確かにちょっと紫耀くん応援するのって難しいのかもね。だから降りてく人も多いし。

で、結果私が思ったのは紫耀くんを応援するには深入りしてはいけないということでした。紫耀くんが作るもの(ステージとか、ドラマとか映画とか)を享受している分には本当幸せでしかないと思う。それははっきり言えます。だって紫耀くんはプロだから。紫耀くんはそれに全てをかけてる人だから。さっきも書いたけど、目の前のお仕事を一生懸命やることが紫耀くんの一番大切にしてることだと思うんです。その先にファンを笑顔にするとか、ファンが喜んでくれる、とかそういうのがあると思う。だから多分そこでストップするべきなんですよね。紫耀くんが作るものを見て笑顔になったり生きる糧にするというところで終わりにするのが紫耀くんの担当をするのに一番幸せな応援の仕方だと思う。

でもなんででしょう。そうすると紫耀くんの考えてることとか思ってることを知りたいってなってしまうんですよね。ほんと、女ってダメ。だけど紫耀くんが思ってることを分かるのって難しいし多分無理だし、分かろうとしちゃいけないし、何より紫耀くんは分かって欲しくないって思ってる。だからそうすると、私たちは辛くなってしまうんですよね。紫耀くんが思ってることわかんないよー!!ってなる。そういうのめっちゃ聞くもん。だから分かろうとしちゃいけないんですね。

とまあこんな感じです。

なんか重くなってしまったんですけど、また一つ紫耀くんのことが分かった気がします。こんな重々だけど結局は紫耀くんの顔を見てれば元気になれるし、紫耀くんの笑顔見てたら幸せだし、オールオッケーなんですよね。紫耀くん、これからも笑顔でいてください!以上!