ひとりごと

安田さんと平野さんを見てます。

ジュニア祭り⑤

もはやなんだかレポというより私の個人的な意見というか感想になってきてしまいました〜!!言いたいことをただ書くのみです。期待しないでください。

 

グループコラボメドレー

ついにキンプリの出番です。今回のジュニア祭り、ここが一番の見所だと思っています。キンプリとして活動していた2015年の夏から2年弱。一度離れた6人が再集結して魅せてくれるパフォーマンスは、確実にあの頃よりも何倍も強みを増していたと思います。

「勝つんだWIN!」からの「Hello!!!ハルイロ」そして「Bounce to Night」なんと素晴らしいセトリでしょうか。横アリでは2曲だったので、1曲増えたのはかなり嬉しい!このジュニア祭りに出てるグループ数を考えると彼らに与えられる時間は多くてもだいたい3曲ぐらいで妥当だと思うし、曲も選ぶなら自然とこの3曲になりますよね。

つい先日ジャニーズをあまり知らないお友達とジュニアの話をしていたのですが、(友達)「ジュニアってコンサートとかで何歌うの?」(私)「先輩の曲ももちろん歌うし、今は自分たちの曲とかも結構持ってたりするんだよ〜」という話をしたのですが、かなり驚いていました。私たちの中では当たり前になってしまっているけど、メドレーで3曲もできるほど自分たちの曲を貰えているというのは改めて有り難いことですよね。しかもどの曲も人気曲。

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、レポにうつりましょう。まずは「勝つんだWIN!」から。この曲自体が始まるまでの煽り部分が良いですよね〜!あ〜!くる〜!ってなる。あとは最初のKINGちゃんがPrinceの周りを走り回るのなかなか好きです〜!

私がこの曲というか、もはやこのジュニア祭りを通して一番印象的だったのは「一緒に行こうぜ〜ここから〜♪」のあとの「ウィーガッタウィン♡」っていう台詞の前に気合いを入れるいわちに対して、紫耀くんが背中をポンってしたところ!これを双眼鏡の中で見た私、いわちの台詞を聞く前に崩れ落ちました。こういう所がしょおくんの好きな所だよ〜😭こういう優しさがサラッと出てしまう所!!!ただ背中をポンってするだけなんだけど、それだけで絶対少しはいわちの力になると思うし、これはファンに見せようとか思ってやっているわけではないから(まあ見えてるんだけど)そういうのって本物の優しさだな〜って思うんです。紫耀くんの優しいエピソードは色々な所でジュニアからポンポン出ていますが、彼の優しさがこういう所でぽろっと自然に出ちゃうんだろうなって思いますね😌

この曲のサビ前の紫耀くんソロ→神宮寺くんソロ→(ㅍ_ㅍ)ハハッ!って流れも好きです。紫耀くんのハハッは可愛いらしくて〜カッコいい曲だけど可愛い〜っていつも崩れ落ちます。ここは歓声も凄い。紫耀くん神宮寺くんソロときて「デカイ夢追いかけて〜♪」の所で2人が上を向いて拳を高く突き上げているのはとても力強い感じがして好きですね。この曲、結構振りは謎だなっていうのが私の個人的な意見なんですけど(あれはライオンをイメージしてるの?🦁)曲自体は良いなって思います。正直好きな曲調とかではないんですけど、歌詞が彼らの現状にピッタリで、今の彼らがこの歌を歌うことに凄く意味があるって思います。

まず「俺に足りないものがお前にある気付いた時、運命のドアが音を立てた」という歌詞、これを彼らが歌うと歌詞と彼らを重ねて見てしまってダメですね😭やっぱりジュニアって全員が全員ライバルだと思うし、どうしても周りのジュニアたちの強みとかを羨ましいな、自分にはないな、って劣等感を感じたりする部分もたくさんあると思うんですよね。そういう時、そういう気持ちをバネにして自分の強みを探したり頑張っていかなきゃいけないというジュニアたちの心意気を歌っているようで。刺さりますね。

「こぼれ落ちた涙も履き潰した靴も勝利を手にした時に全てが宝物になる」うん。これはもう言うことなし。全てを物語っていますよね。たくさん辛いことも経験してきたであろう彼らが歌うこの歌詞は沁みますね。

最近、ジュニア全体仲良しこよししてる感じが見受けられる気がします。グループ内はもちろん、グループの垣根を超えて、雑誌などでも仲が良いエピソードがどんどん出てきますよね。そういうエピを出せば、ファンが喜んでくれるし、仲良くしてる方が楽しいし、分かるんですけど、大前提はやっぱり「ライバル同士」だと思います。そのことを忘れないでほしいですね。だからこの曲のような関係であってほしい。って思います。

 

1曲でこんなに長々と書いてしまいました…!もはやレポじゃない…!何これ!(笑) まあ次の曲に移りましょうか。次は「Hello!!!ハルイロ」ですね。もうこの曲ほんとーーに好きです!一番好き!曲も可愛い、キンプリのワチャワチャも可愛い!!!初めのしょおくんのソロから神宮寺くんのソロに移り変わるところで何故かカメラの前からどかないしょおくん。ドアップでカメラを独占。すると神宮寺くんが無理矢理しょおくんのことを退かします。すると神宮寺くんに対してキス顔(超絶可愛い)をします。(目閉じてる)(可愛い)(可愛い)それに気付いた神宮寺くん自分から頬を寄せてしょおくんが神宮寺くんのほっぺたにぶちゅー。(ちゅ!よりぶちゅーって方がしっくりくる)恥ずかしくて転げ回る紫耀くん。もうやだーみたいになってる紫耀くんと神宮寺くん。これでじぐひらの出来上がりです。いかかですか?美味しいでしょ〜?結構、しょおくんって愛するってより基本愛される側だから、なんとなく自分から誰かに絡みに行ったりするより絡まれる方が多い印象があるし、そんなしょおくんが自分からチューしに行くっていうのはなかなかレアな感じがしますね!!!彼の場合、誰にでもチューする人じゃないと思うから絶対人選んでるし、その中で選ばれたのは神宮寺くんなんですね、納得納得。「じぐひら」この2人なかなか奥深いと思うんですよね〜。隠してるけどバレてるバレてる〜😆じくひらのお話は今度ゆっくりしましょうね☺️ 私、紫耀くんをずっと追っていたので、紫耀くんが舞台に出てる時の他の場面をほぼ知らなくて、いわちが岸くんに飛び乗ってお姫様抱っこ?された?とか終わった後にレポ見て、え??いつのまにそんなことあったの??みたいな感じでした😂本当に他の子達見てなさすぎる。とにかくこの曲は可愛いの渋滞。また少クラで披露しましょ〜!!

 

さていよいよ!「Bounce to Night」こーれーは!凄い!もう凄い!!!18禁ですよね?これは!もうみんなガチだし、顔がガチだし、全力でエロい。私、これ中学生とかも見てるって思うと心配ですよ。いいの?あんなの見せちゃって。え、カイちゃんとかまだ高校生だよね?どこでそんなエロいの覚えてきた?ん??エロすぎる腰振り、エロすぎる手付き、エロすぎる表情、エロすぎるダンス、エロすぎる動き。全てにエロすぎるが付く。間違いなく1番の歓声、いや悲鳴だったし、彼らが脱いだ瞬間の破壊力はヤバイですね!?!?一応平均年齢まだ19歳だけど、あのエロさ凄いなあ………。とか言っておいてあれなんですけど、私しょおくんしか見てないんですよね……。紫耀くんの動き、表情がエロくてエロくてもう18禁。あの表情から目が離せなかったですね。全力のエロいですよね。会場のボルテージも最高だし、彼らも勢いづいてきたところでのBTN。もうたまアリ全体アドレナリン出まくりですよね〜もうヤバイあの瞬間のあの空間は。みんな理性失ってるから。もうこの曲に関しては書いていても興奮してきちゃって何書いてるのか良く分からない。とにかくキンプリ×BTN=無限大です。とにかく凄いってことだけです。

キンプリ最高!!!デビューしよ!!!

 

もう私ほぼこの後の記憶がなくて😂😂😂でもみんなテンション高めで、他のジュニアたちとワチャワチャしてたのは覚えています。

 

BAD BOYS

 なにってもうはだけたキンプリちゃんたちが会場内を歩き回るんですからコマッタコマッタ。逮捕される!ちゃんと服着てちょーだい!!!本当に覚えてない…メモにも何も書いてなくてこの時の私何してたんだ??ちゃんとして😭多分キンプリメドレーにやられて放心状態だったんですかね。でも一つ覚えているのは廉くんがメインステージで誰か他のジュニア2人と一緒にヘッドバンキングしてたのは覚えてるんです。(この曲で合ってますよね?心配。) とにかく廉ちゃんが楽しそうで良かったーーって勝手にお母さん目線。あとはカイちゃんが1人でメインステージでめちゃくちゃに踊ってたのも可愛いかった。テンション上がってるカイちゃん。可愛い。ダメですね。全然覚えてない!ごめんなさい〜!!

 

ED曲

最後は世界に一つだけの花。この選曲は賛否両論でしたね。ジュニアにこの曲を歌わせるのか!という意見もあるようですが、まあそこは置いておきましょう。まず、KINGから挨拶があり、曲が始まります。白い衣装に赤いアクセント。紫耀くん似合う…白と赤が似合う…綺麗…。そして耳掛けヘアーで出てくる紫耀くん!右耳!可愛い可愛い!耳掛け期待してました!期待通りありがとうございます。耳掛けすると急にバブ味あって可愛い可愛いですね👶🏻🍼この曲はMr.KINGのソロパートもあってなかなかオイシイ一曲ですね。サビあたりでセンステにいるのがKINGちゃんとかじゃなくてHiHi Jetってところもなかなか好きでした。

 

EC

やっとアンコール。長かったー!今回は埼玉オーラスだったのでダブルアンコールまでやってくれました。アンコールが「Keep on」「勇気100%」そしてダブルアンコールが「Can do!Can go!」という感じでした。どの曲だったか曖昧なんですけど、センステにみんな集まる時にいちいち紫耀くんに絡みにくる北斗くん、慎太郎くん。まずは北斗くんと見つめ合って、特になにも起きないという。ただ見つめ合うだけのしょうほく。もう彼らの世界観やっぱり分からないです😭そしてその後は慎太郎くんの乳首当てゲームみたいなのを紫耀くんがやっていました。なにやってるんだ〜!!!もうでもめちゃめちゃ楽しそうなんです紫耀くん。いいよ!許す!!!本当に自担に甘いな、可愛ければなんでもいいからもう甘々です。

最後の捌け際には紫耀くんから

(ㅍ_ㅍ)あ、言い忘れてた、愛してるよ♡

お決まりのやつですね。この紫耀くんの一言でジュニア祭りは終わりました。彼は最後まで彼女という設定を守ってくれたのかな?可愛いね〜!?紫耀くんに始まり紫耀くんに終わるジュニア祭り。最高ですね!!正直他のグループの時は退屈してたりもしたけど、1回1回の紫耀くんの出番で満たされすぎて、そんなこと忘れてました。本当に紫耀くんは好きな気持ちにさせてくれる。

まあとりあえずこの辺りで細かいレポ?感想?は終わらせたいと思います。全体を通しての感想を最後に書いて終わりますね。次がラストですよ〜!

ジュニア祭り⑥ - ひとりごとへ。