ひとりごと

平野さん

King&Prince、デビュー決定!ということで今の思いを綴りました

2018年1月17日水曜日、今日は一生忘れられない日になるんだろうなあ。

Mr.KING、そしてPrinceの6人が今年の春にデビューするとの発表がありました!!新しいグループ名は…

King & Prince

どうしても今自分が感じていることをどこかに残しておかなきゃいけないと思い、やっと気持ちが落ち着いてきたところでこの記事を書き始めました。

まず「デビューおめでとう」この言葉を6人に送りたいなあ。今までずっと描いてきたデビューという夢を掴むことができた6人におめでとうと伝えたい。

生きててこんなに幸せって思えることってそうそう無い気がする。嬉しくて嬉しくて嬉しくて。自担がデビューすることって、紫耀くんがデビューすることって、こんなにも自分にとって嬉しくて幸せなことなんだって実感しました。

正直この時期のデビュー発表にはビックリしました。もうここ2年くらい本当に文字通り毎日のように「いつデビューするんだろう?」って言い続けていて。親にも毎日言ってるじゃんって呆れられるくらい本当に毎日言っていました。本当にデビューしてほしくてしょうがなかった。夢を叶えてほしくて。もうそろそろでしょって思い続けて何年経ったんだろうか。

そして去年の年末、なんとなーく今年のカウコン(2017年〜2018年)で発表があるんじゃないのかな?と勝手に期待していました。周りの友達にも絶対デビューするから見てて!とか言いふらしてて、今思えば私ただのホラ吹きやな。でも言霊ってあると思っていて、今年のカウコンでデビュー発表があると本気で信じていました。まさかの出演もないというオチでしたけれども。期待してただけに、あの放送が終わった後はかなり落ち込んでて、あれーなんも無かったなー、呆気なかったなーってなんだか不完全燃焼な感じで今年が始まりました。そういえば、まだ帝劇も始まってないし、紫耀くんの初主演映画も公開されてなくて、まだ彼らはジュニアでいるべきだって言われてるのかなって勝手に納得しました。

そして突然、一昨日15日に情報局から、17日の特別番組のエキストラ募集!とのメールが送られてきました。正直もうデビューは当分無いだろうって気でいたので全く期待していませんでした。まさかこれがデビュー発表の記者会見なんてね、誰も期待してなかったでしょ。

そして、本日。1月17日。今日はめずらしくオフだったので、昔の少クラとか見直したりしながら家でゆっくり過ごしていました。なぜか分からないけどツイッターとかも全く見ていなくて、けーちゃんだ〜とか思いながらeveryを見ていました。

そしたら突然、本当に突然!キンプリが画面に現れて、デビューというアナウンサーの声が聞こえて。まず自然とソファから立ち上がっていました。最初はこれは夢なんじゃないかって思うくらい驚きが大きくて、時が止まったみたいにその場から動けなくて、声も出なくて。何秒か経って意味を理解した時には勝手に叫んでいました。家にいた弟もビックリですよ。すいませんな、頭のおかしい姉でよ。叫んだし、震えたし、涙がこぼれた。デビューを知った瞬間は本当に頭の中が嬉しい!幸せ!って気持ちで溢れてて、他のことなんて何も考えられなくて気付いたらソファの周りを走り回ってた。デビューってこんなに幸せな気持ちなるんだなって初めて知りました。

デビューを知るのがニュースで良かったなとふと思いました。最近は色々な情報をツイッターで知ることが圧倒的に多くて、この小さいスマホの画面で何でも情報を得ているんですけど、今日はテレビの大画面でキンプリのデビューを知ることができて嬉しかったです。

少し冷静になってから本当に色々なことを考えました。ニュースを見てから今までずっとこのことばかり考えてしまって、少クラを見たり番組を見たりしながら喜びを噛み締めていました。

元々はなにきんが好きだったし、関西ジャニーズJr.が好きだったので、最近も2人が出ていた頃のまいジャニを見返しては、寂しいな〜もうこの時は戻らないんだな〜とか思うことがたくさんありました。だから、紫耀くんにデビューしてほしいって思うのと同時に、紫耀くんのデビューを自分は純粋に喜べるんだろうか?という不安もありました。でも実際にデビューが現実になって、今日のデビュー発表を知ってみたら、もう嬉しさと幸せな気持ちしかなくて、こんなにデビューって嬉しいものなんだなって思いました。心配してた不安なんてどうでも良くなっちゃうくらいデビューが嬉しかった。今日のことはこれからもずーっと忘れないと思うし、私の人生の中でも数えられるくらいの記憶に残る日になったと思う。こんな幸せな思いをさせてくれた紫耀くんには感謝しかないです。ありがとう。

でも、このデビュー発表に対して批判が多いのも事実。デビューを喜べない人がいるのは寂しいことだけど、その気持ちが痛いほど分かるし、仕方ないことなのかなとも思う。今日がなにきんの解散の日になると言ってる人がいるみたいだけど、解散って言葉は少し違うかなと思いました。今デビューしている嵐もJUMPもみんなジュニアの時は、今とは違う色々なグループに所属していたわけじゃないですか。でもそのグループがなくなっても解散とは言わない気がして。ジュニアのユニットはやっぱりグループじゃなくてユニットだし、解散とかはないんだと思います。彼らがジュニア時代にそういうメンバーでやっていたことがあったっていう軌跡であって、自分を成長させる場所で、良い思い出なんだと思う。私たちは彼らのことを絶対にジュニアという大前提で見なきゃいけない。デビュー組とは違うんだ、と。

もちろん私も寂しいです。なにきんの、関ジュの、あの雰囲気が大好きだったから。

もう少し話をさせて頂くと、やっぱりしょうれんがだんだん東京に進出して、ついにまいジャニに出なくなった時は、本当に見ていられなかったし、悲しい気持ちが大きかった。でも、やっぱりMr.KINGとして頑張る彼らを見ているうちに、どんどん好きになったし、前向きに頑張る彼らを見て私も前向きになれた。前向きにならざるを得なかった。楽しくオタクをする、がモットーなので、楽しくないならファンを辞めればいいと思っているのですが、自然に辛い気持ちは消えてた。これは紫耀くんを応援してきた身としての話だけど、Princeを応援してきた人たちにも同じような思いが少なからずあるんじゃないかな。色々な複雑な気持ちも、デビューが決まってやっと決断させてくれた気がします。もう着いて行くしかない。これが彼らと私たちが進む道なんだって教えてくれた気がして、複雑な気持ちも取っ払って前向きに考えられる気がする。

ツイッターなどでも関西のジュニアの話がたくさん出ていますが、やっぱりなにきんメンバーとして一緒に頑張ってきた3人はどう思うんだろうなって、考えてしまうよね。でもだいちゃんも康二も流星もきっと悔しい気持ちはありながらも、デビューを祝福するんだろうなって、俺たちも頑張らなきゃな!って言ってる未来が想像できて泣けてくる。彼らの絆は本物なんだろうな。でも今の関西の勢いとか見てたら、もうあの頃とは違うし、今のメンバーでしっかり関西ジャニーズJr.の形を作り上げてるなって思うからなんか安心して見てられる。彼らが前向きなら私たちも前向きに行かなきゃね。

私が少し不安なことがあるとしたら、残されたジュニアメンバーのことです。1つのグループのデビューが決まると、どうしても決断してしまうジュニアが多い気がします。頑張ってる子が全員報われてほしいと思う一方で、そうでないのが現実ですよね。自担がデビューした身で何を言うんだ、と感じる方もいるかと思いますが、関西のジュニアを見てきた者として少し言わせてください。私は関ジュでは大橋くんが好きなので彼には必ずいつかデビューしてほしいし、ジュニアを辞めてほしくないな…って強く思っています。関西のジュニアは東京のジュニアよりも今回のデビューが響いてる子が多い気がする。絶対みんな祝福するだろうけど、その一方で悔しくて諦めてしまう子もいると思う。彼らが決めたことを尊重してあげたいと思うけど、やっぱり自分が好きな子達にはデビューしてほしくて、ずっとジャニーズでいてほしくて、っていうのも事実。だから心配。辞めないでって言いたい…。

少し重い話になってしまいました。ここからは、これからのキンプリの楽しい未来の話をしたいと思います。

KINGとPrinceでデビューするってことは分かりきってたことだと思う。きっとこの6人なんだろうなってもう2年前くらいからみんな思ってたと思う。次はキンプリだ!って。でもいざデビューが現実になってみると、分かってたはずなのに、この6人でデビューできることがやっぱり奇跡みたいでこの6人で良かったって噛み締めてる。

やっぱり紫耀くんにはずっと幸せでいてほしいなと思うのですが、この6人でグループになったことは、紫耀くんにとってとても幸せな形なんじゃないかなと思います。

紫耀くんにとって弟みたいで何でも言い合えるというカイちゃん、プライベートでもいつメンで仲良しなじぐいわ、自分より年上で頼れる岸くんがいて、そして関西時代からずっと仲間として頑張ってきて長年の付き合いがある廉くん。こんなに居心地のいいグループないんじゃない?そんなことないかなあ?紫耀くん!このメンバーでデビューできて良かったって紫耀くんが思ってたら嬉しいな。

紫耀くんは東京に来てから、ジュニアのセンターを張ってきて、たくさんのことを一人で抱え込んできたんじゃないかなと思います。たくさんのジュニアがいる中でセンターを張ることの重みとか、ジュニアを引っ張って行かなきゃいけないことへのプレッシャーとか、ジュニア全員の舞台でも1人だけ極端に出演時間が長かったり、1人だけ違う扱いをされることが嬉しいことでもある一方で、それはすごく難しいことだったと思います。デビューすることで、この6人でやっていくことで、そんな紫耀くんの肩の荷が少しでも軽くなったらいいなと思います。これからは同じメンバーとして6人で支え合いながら頑張ってほしい。もう1人で頑張らなくていいんだよって言いたい。紫耀くんがリラックスしていられる帰れる場所であってほしいな。頑張りすぎちゃう紫耀くんだから頑張りすぎないで。

でもそう考えるともうジュニアでなくなる、Mr.KINGでなくなるってことは寂しくもある。これからは今までとはずっと違う形になって行くんだよね。でもきっとそこには幸せで楽しくてキラキラしてる未来が待ってると思う!今までにありがとう。そしてここがスタートラインだね。みんなで幸せになろう。

デビューするってどういうことだろう。改めて考えてみると知ってるはずなのに分からないというか不思議な感じがする。CDが発売されてCDショップにキンプリの顔が並ぶんだよ。そのCDを買って部屋に並べたり。みんなの歌声がCDになって通学するときにipodで聞けちゃったりするんだ。デビュー曲はどんな曲だろうなあ。是非かっこいい曲をお願いします!ジャケットはどんな感じだろうか!握手会とかもやっちゃうのかな?ライブとかもやっちゃうの?いよいよキンプリでのライブが見れるんだね…。ドームでのキンプリのライブとか楽しみすぎない?たくさんグッズも発売されるんだね。最初とか全員のうちわ買いそうな勢いだよ、もう。先輩たちの番組にもたくさん出るかな?VS嵐に出て嵐さんと対決してほしいな!冠番組もきっとゲットしてね!あああもう楽しい未来が広がってる!!!!これからだね!!!

 

まだまだ書き足りない。

 

私が最初に彼らを見つけた時の話をしたいと思います。私は紫耀くんと同じ代なのですが、5年前ぐらいの中学3年生の頃、友達に神山くんが好きというジュニア担がいました。その子の存在は、ジャニーズは関ジャニ∞しか見てこなかった私が初めてジャニーズJr.を見るようになったきっかけでした。関西ジャニーズJr.ってこんな楽しいんだって。エイトが好きだった私は本当に簡単にコロっと関ジュ担になりました。まだ7WESTが6人だった頃の話。

そしてまいジャニがスタートしました。初めてときめいたのは廉ちゃんでした。初めは顔でした。純粋に顔が好きだった。それだけ。それだけだったけど、見ているうちに廉くんのあの天然さとか可愛さに惹かれて、年下だけどいいのかな?とか思いつつ廉くんにどんどんハマってた。廉くんが初めてまいジャニコンでソロでアジアの夜を歌った時は嬉しくて泣いたなあ。廉くんが好きっていう一方でどんどん仲が深まっていくなにきんの6人のことがどんどん好きになっていて、いつのまにか箱推しになってたんだと思う。この6人で一緒にいる廉くんが好きだってなってた。毎週まいジャニを見たり、1年に1回の少クラin大阪を友達と鑑賞するのが楽しくて仕方なかった。2013年の少クラin大阪は歴代の少クラの中でもナンバーワンだと思っています。宝物。関西ジャニーズJr.の全国ツアー、、幸せだったな。そして2014年にジャニーズWESTがデビュー。次はなにきんの番。デビューって目標が明確になったなって思っていました。ジャニーズWESTとなにきんの13人でいる時の関ジュが大好きだったから寂しかったけど、これから関ジュを引っ張っていくなにきんには期待しかなかった。だから楽しみだった。

なんだけど、徐々にしょうれんだけが推され始め、ジャニワに出ちゃったり、ドリボに出ちゃったり、2014年はゾワゾワしてた。実際まいジャニに出なくなったのも2015年だし、東京に来たっていうみんなの認識は2015年なのかもしれないけど、私は2014年が一番悲しい年だった。Brotherがみんな好きだと言うけど、私にはちょっと悲しい思い出が詰まりすぎてる。どんどん6人じゃなくなっていくのをひしひし感じている時の曲でした。

正直2015年にキンプリができた時私は大学生になったということもあってもうだいぶ彼らから離れていました。キンプリってなに…って感じだった。あんなの見てれられなかった。Mステとかも録画してたけど、楽しみって感じではなかったし、突然の出来事で全く受け入れられなかった。東京のジュニアなんて全然知らなかったし、関西でいてほしい、髙橋海人って誰…。正直そんな気持ちで溢れていて、キンプリを応援する気なんてサラサラなかった。

でも紫耀くん、廉ちゃんを嫌いになったわけじゃなかったから、Mr.KINGになった3人を見ているうちにだんだんと好きって気持ちが芽生えていて、2016年Mr.KINGとして過ごした夏にはもう彼らに着いていくことを決めてた気がします。気付いたら3人で1つになってたし、3人が3人でいることを受け入れてたから、私も受け入れたんだと思う。3人がキラキラして見えて私が今着いていきたいのはこのグループなんだなってなんとなく思った。多分ずっとキンプリのままだったら私は彼らを好きになれなかった気がする。Princeが嫌いとかそういう話ではなくて、Mr.KINGとして3人はすごく絆を深めたと思うからそれを見て決心できたんだと思う。んーなに言ってるのか分からないけど、Mr.KINGが3人でいたから私はMr.KINGを好きになれたと思う。

Mr.KINGになった廉ちゃんを見て初めに思ったのは、今の廉くんを担当と呼ぶことへの違和感でした。廉くんはいつのまにかすっごく成長しててめちゃくちゃしっかりしてた。変わってた。今思えば廉くんは変わってないんだけど、その時の私には昔の廉くんと全然違う風に見えたんだと思う。もちろん人は変わっていくし成長していくものだと思うんだけど、あの時の廉くんを見ていたから違う廉くんに戸惑ってしまって、担当だって言い張れなかった。そんな時に紫耀くんにビビっと来て。廉くんが違うから紫耀くん、ってなったわけではなくて、廉くんが違うなって思った時と、紫耀くんだって思った時は不思議と被ってたなって思います。そこからは紫耀くん一筋でした。

色々あったな。久しぶりに見た2人はあの時とは全然違って。関係性もだいぶ変わってた。この話は前の記事でも書いたけど、しょうれんの関係性は大きく変わったよね。まいジャニでデレデレしてるばかりの2人じゃなくなってた。最近は色々な雑誌でも公言してるけど、やっぱりあの時期2人は距離があるように見えたし、実際にそうだったみたいです。この話は長くなるのでまた別の記事でしますが。でも今そんなことを言えるようになって一つ乗り越えた2人はめちゃくちゃ強い。同じグループになったってことはもうこれからさっきずっと一緒に人生歩んでいくってことで、運命共同体みたいなものだからね。2人がお互いの存在を強みにできたらいいな。

私にとってなにきんの時代はとっても良い思い出です。彼らにとってもきっとそうだと思う。あの頃があってこその今だと思う。それを共有できる仲間が同じグループにいることは心強いし、2人が一緒にいることでこの思い出がずっと消えない気がする。廉くんにとって紫耀くんが、紫耀くんにとって廉くんが同じグループにいることは絶対に強いはず。そんな気がする…。

たくさん書いてしまいました。思っていることをどんどん文字にしていっただけなので文章がまとまっていないし、もう長すぎるわ!って感じだけど、今の思いを残しておくことが大事なんじゃないかなと思いました。本当にデビューおめでとう。そしてこんな幸せをくれてありがとう。これから6人で幸せになろうね。

f:id:misaking129:20180118025637j:image

おしまい。