ひとりごと

平野さん

これからのしょうれんについて

最近思うことが多いのでもう全部書き留めておきたいと思います!今日はしょうれんについて。

しょうれんなあ、しょうれんの話始めるとほんとエモくなるよなあ。

関西のジュニア時代から共に活動してきて、東京に来てまた同じグループで活動して、もう2人はなんだかんだ5年以上一緒にいるんだよ〜エモいな〜!

 f:id:misaking129:20180121002114j:image

 しょうれん - ひとりごと

前にこの記事で、東京に来てからしょうれんの間には妙な距離感がある気がするなあ、みたいなことを書いたことがありました。やっぱり2人は最近まで少し距離があったみたいです。

最近みんなが雑誌でどんどんその話をしてくれるようになりました。

f:id:misaking129:20180121002743j:imagef:id:misaking129:20180121002749j:image

これは廉くんから。悩んだ時もあったということ、そして紫耀くんと比べてしまっていた自分や、紫耀くんを認められなかった自分について素直に話してくれています。廉くんって本当に素直でいい子だなあ(泣)

f:id:misaking129:20180121002919j:image

これが紫耀くんから廉くんへのメッセージ。紫耀くんって本当に不器用だよね。「ちょっと前はあまりしゃべんなくてどーしよーかと思ったけど今は安心してるよー」とか書いちゃって、本当は廉ちゃんが悩んでるのめっちゃ心配してたくせに、こういう感じで言ってしまうところ。本当紫耀くんだわ…。

f:id:misaking129:20180121003048j:image

つい最近まであんまりしゃべってなかったってことも紫耀くんの口から出ています。やっぱりそうだったんだね。そして最近廉くんか誘ったことで2人でご飯に行く約束をしたみたい。早く行ってください!そのエピください!

f:id:misaking129:20180121003246j:image

そんな微妙な距離感の間のしょうれんに挟まれていたカイちゃんからも「最近、廉と紫耀が仲良しだから俺も嬉しいの」なんて言葉もありました…。

 

なにこれ…泣けるじゃんね…。しょうれんは微妙な距離感があった時期を経て、そんな関係も乗り越えて、今に至っているんですよ!そんなのもう強すぎじゃない?怖いもの無しじゃん!

 

そして廉くんが抱いてた葛藤とか悩みってなんだろうって考てみたんですけど、廉くんの言葉からも分かる通り、それは紫耀くんに関することだったのかな、と思います。

関西から突然東京に連れてこられて東京のジュニアとグループを組まされた廉くんは、正直戸惑いばっかりだったと思います。関西の雰囲気とか、同期のジュニアとか、誰よりも大好きだったと思うから、突然のことでどうしたらいいか分からなかったんだと思う。

関西で一緒に頑張ってきたジュニアたちにもどう接したら良いか分からないし、人見知りの廉くんは東京のジュニアとどうやって仲良くなっていけば良いか分からなかったんだと思う。

そんな時頼れるのは同じ境遇にいる紫耀くんだけだったはず。

 

でも紫耀くんはおそらく全然違う気持ちだったと思います。紫耀くんは本当にプロすぎるんだ。彼は与えられた場所で与えられたお仕事を一生懸命こなす人で、過去は振り返らないし、未来も見てない。今できることだけを一生懸命頑張る。そういう人なんだと思います。

だから廉くんと違って関西の頃を引きずったりせずに、与えられた東京という場所で自分ができることをしていたんだと思います。

そもそも多分紫耀くんは関西のジュニアに入った時から、メンバーとか自分がいる居場所に全く依存していなかった。それは名古屋出身だったっていうのもあるし、ボイメンでグループ活動をすでに経験してきた紫耀くんだったからだと思う。紫耀くんのお仕事をするスタンスはこれだし、多分これから先もそれは変わらない気がする。

 

だからそもそも廉ちゃんと紫耀くんではお仕事に対するスタンスが全く違ったんだと思います。

前にも書きましたが、東京のジュニアは個人戦、関西のジュニアはどちらかというと団体戦って感じだと思っています。だけど、紫耀くんは関西でもずっと個人戦してたんだろうな。自分が与えられたお仕事を一生懸命こなして、何か困ったことがあっても1人で抱え込むし周りに頼ることもないし自分で解決する。頼って良いんだよって思うけど、紫耀くんはきっとそういう人だしそういう生き方をする人なんだ。

だからそんな紫耀くんに廉ちゃんは戸惑ったんじゃないかな〜と思います。私たちと同じように、紫耀なんやねん!って思ったんじゃないかな〜。

まあ色々深読みしすぎなんですけど、多分こんな感じだったんだろうなあ。

 

でもこれを乗り越えた2人ってすごくないですか!もうお互いの色々な部分を長い年月をかけて分かりきった上でこれから同じグループとして一緒に戦っていくんですよ。二人にとってお互いがすごく特別な存在だと思うし、これから何か辛いことがあった時も二人がお互いのことを一番に分かってあげられるんじゃないかなあ。廉がいるから大丈夫、紫耀がいるから大丈夫、そんな風に思ってこれからの活動頑張ってほしいな〜と思います。